golden drop(ゴールデン・ドロップ) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (3)
  • (2)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041852118

作品紹介・あらすじ

学者の卵でリーダー格の都織子、自由な恋を謳歌する映画評論家の千映、婿養子を求めて見合いを重める真由美、結婚を目前にマリッジブルーの周子、平凡な自分の人生にいら立つ実奈代、旧家に嫁いだ2人の子持ちの薫。高校時代の仲間たちが数年ぶりに集まった。10代に得た友人は特別だ。その後別々の人生を歩んだとしても…。しかし久々の再会の喜びもつかの間、どこかで虚勢を張り、偽りを演じてしまう彼女たち。25歳の揺れ動く女心を、紅茶のイメージとともに繊細な筆致で綴った、香り豊かな小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 25歳になった6人の同級生の生き方。仲がよかった友達が久しぶりに会う。それぞれの生活が変わっても表面上のつきあいは変わらない。でも、本音は漏らせなくなっている。

    タイプ別にしても6人の登場は多すぎる。女同士のやっかみは『微笑みがえし』にも似ていた。


    作成日時 2007年03月07日 21:29

  • 文庫所有。大好きな堀田さんの本。高校時代の親友同士も25歳。楽しい近況報告にも見栄を張ったり、お互いに羨んだり妬んだり。それぞれの表の声と心の声のギャップが興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

名古屋大学大学院教育学研究科満期退学(1993年)
現職 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部表現文化学科教授
主要著作に
『1980アイコ十六歳』 河出書房新社(1983年)
『愛をする人』 角川書店(1992年)
『発達障害だって大丈夫―自閉症の子を育てる幸せ―』 河出書房新社(2007年)
『花くらべ―尾張名古屋に咲く花は』 日経BPM(2014年) 他

「2021年 『ついスマホに頼ってしまう人のための日本語入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀田あけみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀田 あけみ
矢沢 あい
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×