愛してる (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (13)
  • (16)
  • (57)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 183
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041853023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語は、【ファッサード】という夜の店
    そのお店を中心に若者の様子を描いた作品

    お店の雰囲気、登場人物の細かな表現は、読んでいる側の想像を膨らませる

    酒のにおいがしてきそうな感じが自分の中で大きく感情を膨らませる。


    気が許せる場所、自分でいられる場所、または、生きている証の場所

    心情と感情、切なさが絡む連作、16編

  • 登場人物や舞台が地続きのオムニバス形式の物語。なんとなく時系列も順番になっている(と思う)ので、ぼんやりとひとつの長編と捉えてもいいという気がする。

    「思ったり感じたりした者の勝ちだ」

    とりあえず明日が来るとして。

  • 短編集だから、ひとつ読んでいまいちでも、次の作品はいいかもしれないと思って読んで行ったけど、なんか違う感じがして読むのをやめた。
    何かピンとこなかった。

  • 表紙の絵がよいので手に取りました。

    短編だったので,気軽に読めました。

    「思ったり感じたりした者の勝ちだ。」

    1行だけの伝言

    最初は「真夜中のタクシー」
    著者が何を感じたかが分かる。

  • 2001年10月12日読了。

  • 一番好きな作品
    昔より今読んだらさらに良かった。

  • 「思ったり感じたりした者の勝ちだ」
    このことばは、読んだ時からずっとこころの中にあります。

    あまりにも突然いなくなってしまったので、
    読むのをためらっていましたが、
    去年から再読しはじめました。

  • 思ったり感じたりした者の勝ちだ。

    再読中のこの本。

    ちょうど大きな変化が訪れようとしている私の

    心境に寄り添うようだ。

    そうか、思ったり感じたりしてみよう。

  • 鷺沢 萠の【愛してる】を読んだ。

    1話読みきりの連作短編集。

    「ファッサード」という名のクラブに集う若者たちと主人公である「私」が織り成す人間模様の物語。

    若者が持つ、「それぞれの事情」や「やりきれない思い」が到る所に散りばめられた、かけがえのない青

    春の1ページのような物語だ。

    私はもちろん、ジュニアやヒロアキ、アキオ、ハンニバルと言った愛すべきキャラクターが若者特有の苦

    悩と情熱を抱えながら「生きて」いく。

    青春物語と言っても、元気ハツラツなわけでもなく、清々しく、若々しいわけでもない。

    どちらかといえばアンダーグラウンドな世界。僕も似たような経験をしてきているので、読んでいて懐か

    しさで胸が熱くなってしまった。

    どこに向かうわけでもなく、出口の見えないような時間を仲間とともに過ごし、時には道を誤り、落ちて

    いく仲間を助けることも出来ず、自分が生きていくのに精一杯な時間を過ごしていく。

    その時間の中で本当の仲間の大切さや、人の優しさなんかを学んでいくのだ。

    この作品を鷺沢 萠が書き始めたのが21歳の時だというから、その才能には驚くばかりだ。

    こう言ってはなんだが、近年目立つ作家の若年化とは次元の違うところにいる本物の作家であったように

    思う。

    彼女の遺した作品に更なる興味を持つきっかけとなった作品だった。

  • 読始:2008,11,12
    読了:2008,11,12


    16の短編から成るがそれぞれが独立というわけではなく連作短編集になっている。
    ただこれを読んでいてふと連作であるとか短編集であるとか忘れ一つの作品であるかのように感じる瞬間がなんどかあった。

    うーん。正直よさを理解できてない
    この作品を2度3度読まなきゃ私には理解できないかも
    でも初読が微妙だとなかなか再読しないしwww

    ま、次回再読したときに期待ってことでww

  • あまりに繊細な。

  • 「わたし」がよく行く「ファッサード」という店が人々の繋がりの場。酔いつぶれたり恋をしたり人生を考えたり笑ったり泣いたり。主人公をはじめとして、登場人物には細かい設定を持たせていない。若さの限界を知りつつあるわたしの周りの人々が描かれている。きらきらした胸に迫るフレーズが一杯。「思ったり感じたりした者の勝ちだ」「ここにいたらダメになる」「繭の中にいるようになりたいと、ずっと前から思っていた」「Every guy is a guy」萎れたりカラカラに乾いた時に、いつも読みたい本。

  • 5/2 何度でも何度でも、な本の見本のような存在。これを21歳で書いたって言われても、その歳を追い抜いてしばらくたつけど信じがたい。どうしようもない気持ちに、効くホッとするような本で。夜遊び感というのもオシャレでなくこなれているものってそうそうないと思うし。あーー。言葉になりません。文章すら覚えていても何度も読み返す、そんな本。

  • こんなに素晴らしい感性の小説はない 断言できる

  • わたし。
    夜毎“ファッサード”で遊び、友達と飲んだくれたり、落ち込んだり、有益で無意味な日々が続いていく。
    ジュニアは街を離れ、タカヒロは同居しているアキオの部屋を出た。
    息苦しくなって、眠れなくなって。
    それでも、日々は過ぎていく。
    と、まぁ、上手く言えないけど、日常のフィクションを集めた、短編連作集です。
    作中“わたし”は、落ち込んでしまった友達の世話を焼き、苛々して駄目になりかけ、優しい人間達に笑いを飛ばす。
    『思ったり感じたりした者の勝ちだ』と、冒頭にあるのがよくわかる。
    そうそう、そんな感じの日常なのだ。
    精神的退屈を持て余し、現実世界から目を背けたくなった時に読むといい。
    特に『オムレツを食べよう』はいい。
    取り敢えず明日も生きていこうかなって気になる。
    この辺の詩的な表現が上手な著者にあって、こうあるべくの結末。
    今は亡き鷺沢。
    かえすがえすも残念でなりません。

  • 読んだけど記憶が残ってないでs

  • 舞台は横浜(あんまり関係ないけど)。夜毎"ファッサード"に集まる若者たち。なんか、自然なんだよなあ。

全18件中 1 - 18件を表示

著者プロフィール

鷺沢萠(1968.6.20-2004.4.11)
作家。上智大学外国語学部ロシア語科中退。1987年、「川べりの道」で文學界新人賞を当時最年少で受賞。92年「駆ける少年」で泉鏡花賞を受賞。他の著書に『少年たちの終わらない夜』『葉桜の日』『大統領のクリスマス・ツリー』『君はこの国を好きか』『過ぐる川、烟る橋』『さいはての二人』『ウェルカム・ホーム!』など。

「2018年 『帰れぬ人びと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛してる (角川文庫)のその他の作品

愛してる 単行本 愛してる 鷺沢萠
愛してる (角川文庫) Kindle版 愛してる (角川文庫) 鷺沢萠

鷺沢萠の作品

ツイートする