待っていてくれる人 (角川文庫)

著者 : 鷺沢萠
  • 角川書店 (2007年4月発売)
3.93
  • (10)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041853122

待っていてくれる人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙裏
    あなたにはヨンマッサルがあります――。十数年前のある日、取材で訪れた韓国で占い師からそう宣言された鷺沢さん。「ヨンマッサル」とは「忙しく旅する人」の意。やだなぁ、それ・・・、と言いながらも、鷺沢さんは、その後もニューヨーク、ベルリン、ロンドン、プラハと、まさに世界中を旅してばかり。国、性別、人種、言語、あらゆるボーダーを超えて、この惑星を歩きまわる、笑いと涙の傑作エッセイ集。

    目次
    笑顔という魔法
    冷凍イカとJAFの夜
    カニ缶ミステリー
    妙義にて
    ブレイン&クレイン
    ロスト・バゲージ
    都会の善人
    マフラーはパステルブルー
    待っていてくれる人
    クツは船に乗って
    リナの野望
    零下十度のミニスカート
    国境を越えるために
    八〇〇ドルの同情
    パンダの威力
    飛ばせてよし、走らせてよし
    お互いツライね
    友の訃報を
    ソウルの月
    アミュレット
    歴史という名のイタズラ
    人の残した思い
    ああ!外国語
    ふつうの名前
    言語の壁
    言葉という宗教
    プラハと呼んで
    カンジ悪いオンナ参上!
    ことばは鋏
    生涯の先生
    ばんざい、ひとり暮らし
    イヌとの闘い
    「おたま死」の恐怖
    負け犬宣言
    餃子とガーデンテーブル
    大阪は遠かった
    砂浜の魔力
    ビーチにて
    ウェールズの王子
    熊の子ら
    チョゴリを着て投票に行こう
    「私」という「自分」

  • 鷺沢さん
    改めて好きだなと思った

  • 面白かった。
    この人は暗いんだと思ってた(国語紊乱にはすごく暗い顔で載っている。しかも自殺をしてしまったというくらいだから暗いんだとばっかり思ってた)

    でも結構サバサバ系、女子。

    海外に友達もたくさんいる人。
    私のころは国語の教科書にも載っていたくらいだけど、今はもう載っていないのかな。
    いい本、元気が出る。

  • もういない、自分と感性の似た方の文章を読むとひどく淋しくなる。

  • 2010年1月20日購入。

  • タイトルの話が胸にぐっときました。
    そのほかも読みやすいエッセイなのが魅力的。

  • 「笑顔は人生の潤滑油、などというのは使い古された言い方だ。けれど、差しあたって何もできないなら、笑っていないより笑っているほうがいいと思う。」

  • 笑える話もシリアスな話もあって、何度読んでも飽きない。旅先に必ず持っていきたくなる。

  • 4/25 もう、この人の最近のエッセイを私はいろいろなことに想いを馳せずには読めない。いろんな考えや情景が迫ってきて泣きそうになる。
    もちろん単純におもしろいところもたくさんあるけど。

  • OK嬢の言葉を借りるなら、
    「もうー、鷺沢さん!」。<br>
    2007/04/25読了

全10件中 1 - 10件を表示

待っていてくれる人 (角川文庫)のその他の作品

鷺沢萠の作品

待っていてくれる人 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする