愛と性の美学 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041859032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p.1989/10/26

  • 平成十年刊行。性愛について広範な範囲を叙述するエッセイ。思春期を迎えようとする子供(男女)に性愛を説明する上での示唆を得るべく、フェミニスト的立場の著者のエッセイを紐解く。性愛に関しては、知識→マナー→人生観という流れ。性交渉は経験による蓄積に依拠。性欲は食欲に通じる。避妊の選択肢は多いほうがよく、避妊は男女共通の問題で、妊娠への不安があれば女性は性交渉に没入できない。このように述べる著者は男性の性交渉への不安と強がりに喝を入れるが、建前感ありありだし、著者の言いようは普遍的といえるのか?
    というのも、そもそも男性が性交渉に際して有する不安や強がりは「男らしさ幻想」によるものであるが、その「男らしさ幻想」は女性(母親を含む)が助長しているとの疑義が拭い去れないからである。そして、本書を読む限り「愛(移ろいやすいものだが)ですら、性と一致せず、分離している」現状において、本著者の目線では不充分と感じざるを得ない。これを示しているのが、女性向けの美少年モノの存在とこれにゲイからの批判に関する、著者の見落としに他ならない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(作家・翻訳家)1987年『巨食症の明けない夜明け』ですばる文学賞、2010年『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』で新田次郎文学賞を受賞。英文学と聖書からの約百カ所の引用を解明した日本初の全文訳『赤毛のアン』シリーズで脚光を浴び、2008年、NHK教育テレビの『赤毛のアン』の英語番組に講師として出演。著書に『赤毛のアンに隠されたシェイクスピア』、『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行』、『英語で楽しむ赤毛のアン』など多数。アン・シリーズの舞台を旅するカナダ東海岸ツアーの解説者として、毎年、プリンス・エドワード島を訪れている。

「2014年 『赤毛のアンの幸せになる言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本侑子の作品

ツイートする
×