海と川の恋文 (角川文庫 ま 7-5)

著者 :
制作 : 那須 香おり 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041859056

作品紹介・あらすじ

18歳の遙香は、二人の上級生に出会う。自主映画を撮る徳明、演劇部を主宰する修平。二人の間でゆれながら、初恋に別れをつげて、女優へ。忘れられない思いを胸に、月日は流れた。そして再会、「ずっと好きだった」。だが若い日という川は海へ出てもう、もどれない。人生の光と影を知り、大人になった三人。全編に流れる、甘く苦い青春の郷愁、大人になっても消えない恋のときめき。懐かしくてドラマチック、心にしみる恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20130521
    ベタな展開

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(作家・翻訳家)1987年『巨食症の明けない夜明け』ですばる文学賞、2010年『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』で新田次郎文学賞を受賞。英文学と聖書からの約百カ所の引用を解明した日本初の全文訳『赤毛のアン』シリーズで脚光を浴び、2008年、NHK教育テレビの『赤毛のアン』の英語番組に講師として出演。著書に『赤毛のアンに隠されたシェイクスピア』、『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行』、『英語で楽しむ赤毛のアン』など多数。アン・シリーズの舞台を旅するカナダ東海岸ツアーの解説者として、毎年、プリンス・エドワード島を訪れている。

「2014年 『赤毛のアンの幸せになる言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海と川の恋文 (角川文庫 ま 7-5)のその他の作品

海と川の恋文 単行本 海と川の恋文 松本侑子
海と川の恋文 (角川文庫) Kindle版 海と川の恋文 (角川文庫) 松本侑子

松本侑子の作品

ツイートする