牛乳時代―らも咄 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.21
  • (4)
  • (7)
  • (48)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041863039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大マスカキ

  • らも節が冴え渡る、珍作落語の毒演会。

    いや、どの話も最後に、くすっと笑わせてくれるオチがあって、本当に面白い。

    もっと、読みたくなってしまった。

  • 中島らもの創作落語17話。非常に軽く読めて旅のお供には良い。中島らもはやっぱり多才だ。ガダラの豚を読もうと思ったのに地元図書館にはなくてショック。

  • 面白すぎて、読み終わるのが勿体無いので、
    3ページ読んでは2ページ戻る、という水前寺清子方式で読んだ本。

  • 中島らも初読。

    おもわず笑いがこぼれてしまう要注意本。

    まして、牛乳飲みながら読むのはご法度!

  • 中島らもの創作現代落語。2冊目。

  • 著書以外にも面白い作品は枚挙にいとまがありませんが、これは格別。
    全編、落語で最初から最後までゲラゲラ笑えます。

  • らも節の落語が面白い。肩の力を抜いて読めました。
    『うし相撲』がお気に入り。

  • らも流落語。らもが好きな方も落語が好きな方も楽しめる一冊。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。'92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、'94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らもの作品

ツイートする