白紙の散乱 (角川文庫)

著者 : 尾崎豊
  • 角川書店 (1993年4月発売)
3.63
  • (6)
  • (7)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041867020

白紙の散乱 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 尾崎豊の詩と、彼が撮った写真が綴られている。

    写真と詩は被ったものを表現しているのだろうか。

    詩の方は、非常に読むのに難解だが、
    彼の孤独が伝わってくるようだった。
    彼の「言葉」に非常な才能があるのが分かる。

  • 詩がいいので寝る前に読んでいます

  • 尾崎豊の歌はニガテ、でも彼の詩には魅了される。静謐で激しく、乾いていて優しい言葉の数々をご堪能あれ。写真も尾崎豊による撮影。

  • 尾崎が出した詩集。
    尾崎らしい言葉がいっぱいつまってる。

    最後のページが印象的。


    タイトル 成就

     逃れようのない
     凡庸なる人間の姿は
     全てである

  • また詩を読みたくなって。

全5件中 1 - 5件を表示

白紙の散乱 (角川文庫)のその他の作品

白紙の散乱 単行本 白紙の散乱 尾崎豊

尾崎豊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白紙の散乱 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする