「その日」はいつなのか。―死刑囚長谷川敏彦の叫び (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041878040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死刑囚は罪を犯し、その罪の償いとして絞首刑となる。人を殺したのだから、死んで償うのが当然だ、と考える人は少なくない。しかし、被害者の遺族の気持ちも果たしてそうだろうか。生きて償ってほしい。終生償いのために生きてほしいと考えてはいないだろうか…。密行主義といわれながらも、最近は毎年確実に行われている死刑執行。二十年以上にわたり、“死刑”を追い続ける著者が、自殺房と呼ばれる舎房で償いの日々を送る一人の確定囚を通して、知られざる死刑の実態に迫る。衝撃のドキュメント。

  • 2002年3月 読了

全1件中 1 - 1件を表示

大塚公子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「その日」はいつなのか。―死刑囚長谷川敏彦の叫び (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする