ハ長調のポートレート (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 53
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤川次郎 ハ長調のポートレート読了。
    赤ちゃんを媒介にした短編集。
    赤川先生の女性を/社会を見つめる視点を感じさせる作品ばかりで、
    それらに触れ合うたびに、平凡が幸せであることを感じるし、その中にも
    重要なことがいくつも含まれるものだと実感できる作品。
    とても面白かった。

  • なんでもない毎日の生活だけど、ゆっくり見つめなおしてみることによってそこにある幸せが見えてくる。そんな話。
    この小説の中で、大した事件は起こらないけれど、読み終わってしみじみと平凡っていいなって思える本。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×