哀しい殺し屋の歌 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.56
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サクサク読めるので、ちょっとした時間の隙間にいい。

  • 哀しい殺し屋の歌
     殺し屋だった飲んだくれている杉山に、娘が何年ぶりかに迎えに来た。
     殺し屋同士の戦いに、かたずを飲む。

    パパは放火魔
     デパートで火事があった。放火だということにしようと工作する。
     いろいろややこしい話があり、放火魔の疑いが晴れるか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×