花嫁の時間割 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.52
  • (4)
  • (9)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879139

作品紹介・あらすじ

亜由美のもとに高校時代の友人ゆかりから結婚式の招待状が届けられた。なぜか同時に三通。一人の花嫁に三人の花婿、時間差で行なわれる奇妙な結婚式の行方は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3人と同時に婚約し、同じ日に結婚式を上げる。
    常識では考えられない状況を、
    登場人物の性格描写で押し通してしまう。

    主人公の透明感のある性格が、異常事態の現実味を色づけする。

    どんな結末になるか、伏線がすこしある。

    花嫁シリーズでも異色の作品。

  • 女子大生・亜由美と愛犬ドン・ファンが活躍する花嫁シリーズ第11弾。と言っても、このシリーズは3作くらいしか読んでいない。同時収録の『透き通った花嫁』の方が面白かった気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×