現場不在証明(アリバイ) (角川文庫)

  • 角川書店
3.07
  • (1)
  • (3)
  • (23)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手放し本。
    '98.6読了。
    赤川次郎はすでに読んだものだった。

  • 現場にいなかったことを証明する小説群。
    赤川次郎は、二つの顔。

    有名人とその身代わり。
    殺人事件と愛情のもつれ。

    小さな事件と大きな事件の2つの事件のどちらが現場不在証明になるか。
    以外な犯人の登場で、一瞬事態の理解が混乱する。

    赤川次郎を一番にもってきた理由がわかったような気がした。

  • 赤川次郎・姉小路祐・有栖川有栖・今邑彩・黒川博行・高橋克彦・深谷忠記の7人の作家がアリバイトリックを駆使した、ミステリーアンソロジー。
    もうずいぶん前の作品で、また短編ではありますが、古さを感じることなく楽しませていただきました。
    初めての作家さん、久しぶりの作家さん、の作品を読めるのもアンソロジーの楽しみです。
    有栖川氏の作品が既読だったのがちょっぴり残念でした。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/5167185.html)
    (収録作品)凶悪な炎(深谷忠記)/百物語の殺人(高橋克彦)/飛び降りた男(黒川博行)/黒白の反転(今邑彩)/ローカル線とシンデレラ(有栖川有栖)/ダブルライン(姉小路祐)/二つの顔(赤川次郎)/現場不在証明(九鬼澹)

  • アリバイ・トリックをテーマとしたミステリーアンソロジー。赤川次郎、今邑彩、高橋克彦あたりが話として面白かった。正直なところ、時刻表を使ったトリックはあまり面白いと感じない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
宮部 みゆき
有栖川有栖
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×