三毛猫ホームズの四季 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.37
  • (12)
  • (13)
  • (56)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 290
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879160

作品紹介・あらすじ

「誰が夏子姉さんを殺すの?」片山刑事の耳に飛び込んできた、聞き捨てならない言葉。冗談だろうと気にとめなかったが、数日後、夏子が死体で発見された。笠原家で、一体何があったのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長編。これは何かタイトル覚えてた。何か切ない話だった。最後の喫茶店のおばちゃんを殺したのはほんと許せない。何かちょっと信頼してた人が犯人で嫌な終わりだった。三毛猫ホームズシリーズはいわゆる手籠めにされる女性が多く出てきてほんと切ない。こんなひどいことしたくせに、自殺するのを許しちゃうのも何だかなーって感じ。

  • 「それで―誰が夏子姉さんを殺すの」―中華料理店の一室で張り込み中の片山刑事の耳に飛び込んできた、聞き捨てならない言葉。隣の個室では笠倉家の姉妹三人とその夫たちが食事中だった。ただの冗談だろうと気にとめなかった片山だが、数日後、海に落ちた車の中から笠倉夏子の死体が発見された。裕福で恵まれているはずの笠倉家で、一体何があったのか。ホームズ、片山、晴美、石津、お馴染みの登場人物が勢揃い。超人気シリーズ第18弾。

  • 今度の相手は年下人妻!?^^

  • 春、夏、秋、冬という文字が付いた4姉妹の物語。
    関係者がつぎつぎに亡くなっていく。

    結末は、必ずしもハッピーエンドではないし、
    なぜ、片山刑事がヨーロッパへ行かなかったかも理解できない。
    過去の殺人事件の清算もどうするのかも分からない。
    未解決の事項がやや多すぎるような感じもする。

    一般に、推理小説というと、何か重苦しい感じがする。
    三毛猫ホームズシリーズは、軽妙なところがよい。
    人が何人亡くなっても、かならずしも重苦しいところがない。

    三毛猫ホームズの超能力、活躍。
    晴美さんの明るさ、前向きなところ、行動力。
    片山刑事の何も考えないところ、人の良いところ。
    石津刑事の食べるものしか考えないところ。

    道具がそろっている。

    片山刑事は女性恐怖症だとのことだが、登場人物に女性が多いのはなぜだろう。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

  • 一つの家族の中で起こる事件…ってことで、狭い範囲でのお話でした。それぞれの夫婦がそれぞれの問題を抱えていて、色々な形の夫婦が有るんだな…と。評価がちょっと低めなのは、【ネタバレ】一年を通してのお話のはずなんだけど、ちょっと実感が湧かなかった…のだ。読み終わったときに「えっ?!一年たったの?!!」とびっくりした^^;あと個人的に冬子さんが怪しいと思っていたの…だって義太郎が理由も無くモテる訳ない…!(酷

  • シリーズ第18弾

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×