迷子の花嫁 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.32
  • (5)
  • (4)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 128
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879221

作品紹介・あらすじ

結婚式直前の花嫁は、独身最後の馬鹿騒ぎに出かけた。翌朝ひどい二日酔いで目覚めると、そこは豪華なベッドルーム、しかも隣には見知らぬ男の死体があった!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死にそこなった花嫁
    との2編。

    亜由美と愛犬ドン・ファンの活躍が続く。

    解説を作詞家の吉元由美が書いており,赤川次郎を神と崇めるか,師匠と慕うか,強敵として敵視するか,いろいろだということを感じた。

    ひとまず神として崇めておいて,近づけたら師匠として慕い,追い抜けそうになったら強敵として敵視するのがよいかもしれない。

    西村京太郎と2大看板で,売り上冊数の記録を更新しているらしい。
    冊数が億を超えているのはこの2人との記事をみかけた。

  • 独身最後の思い出におもいっきり飲んで、二日酔いで目覚めた小夜子。そこは見知らぬベットで隣には老人が…。

    他・死にそこなった花嫁

    死んだはずの男から呼び出された…。

  • ■0953.
    <読破期間>
    H21/5/26~H21/5/26

    <本の内容>
    結婚式を明後日に控えた小夜子は、独身時代最後の思い出にと友人達と羽目をはずして大騒ぎ。
    翌朝ひどい二日酔いで目覚めると、そこは見知らぬ屋敷の豪華なベッドルーム—しかも隣には
    白髪の老人が苦悶の表情を浮かべて死んでいた。
    その場は何とか逃れた小夜子だが、結婚式当日、大混雑の式場であの時の老人にそっくりな人物を見かける。
    老人は確かに死んでいたはずなのに、何故。
    小夜子の結婚式に招待されていた亜由美と愛犬ドン・ファンは、またしても殺人事件に首をつっこむことに…。

  • なんか、ちょっどこわいいって

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×