天使のごとく軽やかに (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (5)
  • (10)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 140
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879436

作品紹介・あらすじ

落ちこぼれ天使のマリと、地獄から叩き出された悪魔のポチ。二人の目の前で、若いカップルが心中した! 直前にひょんなことから遺書を預かったマリ。父親に届けようとしたが、TVリポーターに騙し取られ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 天使:マリ と 悪魔:ポチ の第五集。

    決して軽い話ばかりではない。

    努力しても報われないドジな天使の物語。
    努力は普段はしないが、いざというときに助けてくれる悪魔の残念無念。

    ほんわかした関係が、弥次喜多道中のような雰囲気を醸し出す。

    読んでいて飽きない。

    連続心中事件はやや黒い。

  • マリポチ5作目。
    マリとポチの目の前で心中をした恋人たち。それをきっかけに心中が流行。大きな目。

  • おなじみの落ちこぼれ二人組の目の前で、若いカップルが川に身を投げて心中した!しかもマリがその二人から預かった遺書を、テレビリポーターに騙し取られてしまったから大変。遺書がワイドショーで公開されてしまい、責任を感じるマリ。さらに、その事件をきっかけに、世間では心中が大流行。連続心中の原因をつきとめようとするマリとポチだが…。天使と悪魔シリーズ第五作(Amazonより抜粋)

  • 天使のマリと悪魔のポチに大人気シリーズ第5弾・・・え?!
    第5弾だったの!知らずに読みましたがおもしろかった★このシリーズは是非是非全部読みたい♪

  • 天使と悪魔シリーズで1番最初に買って読みました☆すごい話に引き込まれて,シリーズ全部あつめた♪

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×