夜に向って撃て―MとN探偵局 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (3)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879467

作品紹介・あらすじ

間近紀子は、レポート作成のために訪れたコンピューター会社で、硝煙の匂いのするOLに出逢う。一方、野田重人の愛人アケミは、人混みの中、何者かに拳銃で狙われる。一見、無関係なところで連続して起こる拳銃事件。犯人は何が目的なのか!?紀子と野田の行くところ、拳銃の影が見え隠れ…。女子高生のM・間近紀子と、自称実業家のやくざN・野田重人の異色コンビが活躍する、シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤川次郎の代表作と呼んでもよいと思った。

    女子高生のMと
    中年やくざのNが
    真犯人,殺人者を追いつめる。

    こんな痛快な物語が赤川作品にあったとは。

    申訳ないが、三毛猫ホームズものより数段面白いと思った。

    第二弾だが,第一弾と同じように、スリルとサスペンスを楽しめた。

    アガサクリスティのNかMか
    映画の
    明日に向かって撃て
    の両方にかけた作品だが,
    単独で面白いと思った。

  • “MとN探偵局”シリーズ第二弾。
    前回同様二編が収録。
    表題作は紀子が学校の課題のために見学していたコンピューター会社での拳銃にまつわる事件を描いたもの。
    相変わらずのでこぼこコンビが大活躍。
    第一弾がお気に召した方ならきっと楽しめるのでは。

  • MとN探偵局シリーズ。「悪魔を追い詰めろ!」の続編。前作より二人の息が合っています。

  • やくざと高校生、続編。何故か涙がにじんだ。報われない話の終わり方で、色々問題を起こしたまま終わってしまったのが残念。でも、想像力はかきたてられる

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

夜に向って撃て―MとN探偵局 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする