ふまじめな天使 (角川文庫―冒険配達ノート)

著者 :
  • 角川書店
3.59
  • (8)
  • (2)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢から醒めた夢の続編だけどこっちの方が好きだな。

  • 天使はほんものの天使になりましたとさ。

    続きはもう出ないのかな?

  • 挿絵がキレイ。
    赤川次郎の冒険配達ノートシリーズに魅せられた一冊。

    すごく話は短いけれど、読書のきっかけにはもってこい。
    主人公ピコタンの続きはないのかと思っている。

    がっつりの小説というよりは絵本に近い。
    人によっては千差万別だろうなぁ。。

  • 絵は,とてもわかりやすく、楽しめます。
    文との関係が、ややわかりにくいところがありました。

    文は、一見絵本に合うような分かりやすい文章のように見えました。

    展開が、頁ごとの切れがなく、やや疑問に思う箇所がありました。

    せっかく、天使の羽の題材なのですから,もう少し,天使についてわかりやすい説明があるとよかったでしょう。

    赤川次郎が書いたものに赤を入れたくなった唯一の作品かもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

ふまじめな天使 (角川文庫―冒険配達ノート)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする