屋根裏の少女 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.31
  • (6)
  • (7)
  • (37)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 136
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホラーまでもいかずファンタジーなお話しに仕上がってると思いました。ふしぎな少女は敵が味方か惑わされました。少女の境遇が悲惨すぎてひく。

  • 赤川作品を読むのは中学生以来ですがとても読みやすくすらすら読めました。
    なんだかゲスイ男と女ばっかり出てくる話かなって思ったけど最後はちょっとえっ!って思いました。
    ファンタジーな話なのかなって思ってたけど全然違いました。

  • 2005.1読了。
    手放し本。

  • 昔ながらのゴースト・サスペンス。何の変哲もない一家がいつの間にか暗転しているのは見事。軽やかな筆致でサラッと読める。

  • 記憶が曖昧なんですが、たぶんこれが初めて読んだ赤川先生の作品です。
    印象が強いんですよね。少しホラーテイストで、思い返すと同作家さんの特徴も前面に押し出されている気がします。

    昔の私の「小説」のイメージは、「カッチリ」という擬音がつくようなものだったのですが、それが覆されたというか。
    生生しい描写はなくとも、そういう(官能的な)表現の多い赤川作品はすんなりと吸収されました。
    このあとも他の耽美的な小説をどんどん吸収していくことになっていきましたが……。
    小学校中学年の頃は、読む本にちょっとでも濃い描写があると、少し恥ずかしい気持ちになっていました。大きくなるにつれ、それも薄れてきた頃、出会ったのが同作品です。
    赤川作品により「性」、「不倫」などへの価値観が変わったことは確かです。
    女として男の「浮気」、「不倫」を少し違う目で見ることができました(実践する機会はありませんが)。

  • 父,母,姉,弟の4人家族。
    中古の家を改装して住む事に。

    家についている幽霊。
    ピアノをひくという。

    物語の展開は,4人ともに違うが,弟以外はやや悲惨。

    弟の彼女だけ,いい人で,インチキくさい。
    幽霊がピアノを弾く理由もはっきりしない。

    この2点が明確であれば,よい作品に分類できる。

  • 15年振り位にはなりそうな、久しぶりの赤川作品。
    とても面白かった!
    ホラー小説ではあるが、青春要素もしっかりしていたと思う。
    普段本を読まない人に、プレゼントしたくなるような一品。

  • よく憶えてませんが面白かった気がします。

  • これを読んだあと、2階の自分の部屋の天井を見つめてこわくなりました。びびりです。

  • 中学時代に、この本を友達に借りたのがきっかけで赤川さんの作品が好きになりました。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×