くちづけ(下) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.07
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 地方新聞20社に連載した長編小説。上下とも300ページ以上ある。

    17歳の少女を主人公に,父親,母親,祖父との4人暮らし。
    それぞれの男女関係を中心に展開していく。

    物語は,ややありえない話が多いものの,
    いろいろあると,そういうものかとも思える。

    主人公の幼なじみ,友達の兄,近所の大学生,やくざの兄さん。
    4人の男性が主人公を好いていて,取り巻いている。

    最後は大円団。

  • なるほど、そういうオチか。
    うんうん。

    おもしろいんだけど、どこかで読んだことのあるような
    そんな感じ。

    でも次から次へといろんなことが起こって
    まったく飽きなかった!

    いや〜、借金には気をつけよう。(笑)

  • キスそんな軽々しくしていいのか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×