闇に消えた花嫁 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.39
  • (5)
  • (5)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 121
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879672

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女子大生・亜由美と愛犬ドン・ファン、友人の聡子、刑事の殿永、恋人の谷山助教授。5人のどたばた喜劇。

    立ち止まった花嫁は、いれずみをした少女といれずみをした先生の関係がクライマックス。

    闇に消えた花嫁は、最初に消えたのは花婿の方という、多少のわかりにくい標題。

    いずれもどたばた殺人事件で、人がなくなったことへの重みがやや薄いのが難点かも。

  • これも途中でやめだ

  • 【解説】 下川香苗

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×