赤頭巾ちゃんの回り道 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.29
  • (3)
  • (4)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879771

作品紹介・あらすじ

尾田和成は二十年以上の刑事生活にピリオドを打ち、"K探偵社"に再就職することになった。そこでの初仕事は、小学生の塾への送り迎え-通称"赤頭巾ちゃんサービス"。元刑事の尾田にとっては簡単な仕事のはずだったが、一瞬の隙をついて大富豪の一人娘・美音が誘拐されてしまう。しかも、美音の父親・高田には、十二年前の殺人事件の容疑がかけられていて-。過去と現在の様々な事件と人間関係が交錯する、極上のサスペンスミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • '21年10月16日、読了。KindleUnlimitedにて。

    赤川次郎さん独特の「ライト&ポップ」さは影を潜め、ハードボイルドな味付けの「探偵小説」でしたが…事件の結末に、少し不満が残りました。なんか、大味だなぁ、と…。
    でも、終盤までは、意外(失礼!)とハードボイルドしてて、面白く読めました。

    いつも好んで読んでいる、「ライト&ポップ」な赤川さんだと、この結末の「大味」さも、気にならないのかなぁ…なんて、思えました。

    作品に、色々なバリエーションがある赤川次郎さん、やはり凄い作家さんなんですね!気軽&気楽に読めて、楽しめる作家さん、です。

  • まぁ赤川次郎さんらしい話だったかな

  • 「赤頭巾ちゃんサービス? 何、それ?」

    *****

    刑事を辞め、探偵業を営む会社に再就職をした尾田の初仕事はお金持ちの娘、兼、小学生の女の子・美音の送り迎え。
    通称、赤頭巾ちゃんサービス。
    しかし、一瞬の隙をつかれて美音は誘拐されてしまう。
    さらに、美音の父親・高田には過去に起きた殺人事件の容疑がかけられていて・・・。

    *****

    良い意味で分かりやすい設定とユーモアと。
    赤川次郎さん、大人になってから好き。

  • たまにある偶然。
    読み終わったばかりのねじめ正一の『荒地の恋』の主人公と同じく、この主人公もお酒を飲まないし、治子という女性も出てきた。
    色々な伏線が引かれていて面白かった。
    ーーー
    尾田和成は二十年以上の刑事生活にピリオドを打ち、<K探偵社>に再就職することになった。そこでの初仕事は、小学生の塾への送り迎えーー通称<赤頭巾ちゃんサービス>。元刑事の尾田にとっては簡単な仕事のはずだったが、一瞬のすきをついて大富豪の一人娘・美音が誘拐されてしまう。しかも、美音の父親・高田には、十二年前の殺人事件の容疑がかけられていてーー。
    過去と現在の様々な事件と人間関係が交錯する、極上のサスペンスミステリー。

  • 高田
    高田の元妻の兄妹の有田
    有田の秘書の悠希
    悠希の友達の南
    南の母親で,探偵社の社長の神代
    神代に雇われた元刑事の尾田和成

    尾田は高田の元妻が死んだ事件に疑問に思う。

    高田の現在の妻,
    現在の妻の元彼は、高田の運転士として雇われる
    高田の娘を尾田が送り迎えをする

    まだ数人登場人物がいるので、関係を忘れないようにしないといけない。

    赤川次郎がうまいのは、複雑な関係の人物を自然に登場させるところだと分かった。

  • 初赤川次郎。面白いけど、ささっと読めちゃって、ちょっと物足りない気が。

  • 何となく読んでみたが,謎は深くなく,軽くて読みやすい。
    シリーズものではないと思うが,赤川次郎という感じだった。
    この軽さ,読みやすさが魅力なんだと思う。
    個人的には物足りないが,本を余り読んだことがない中・高生が,
    よく面白いと言って読んでいる理由がわかる気がした。
    数時間の暇つぶしにはいいかもしれない。

  • 一応推理小説に分類されるのかな。可愛らしいタイトルだけど、大人の事情だらけのお話です。最初は謎に包まれているんですけど、途中からいっきにめまぐるしい展開で解決します。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

ツイートする
×