モンスターの花嫁 (角川文庫)

著者 :
制作 : 角川書店装丁室 
  • KADOKAWA
3.59
  • (8)
  • (3)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879832

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「名門スパイの花嫁」は「N」と「S」が本当にややこしくて、赤川作品には珍しく頭を使った。

  • 名門スパイの花嫁 モンスターの花嫁

  • 2013/11/24

  • 名門スパイの花嫁

    モンスターの花嫁
    の2本立て。

    名門スパイの花嫁は、
    2つの企業の壮絶なスパイ合戦は、ロミオとジュリエットに例えられる。
    殺人事件が起こらなければ,ほのぼのとした物語なのだろう。

    モンスターの花嫁は、
    子供への傷害事件ではじまり、殺人事件が起こる。

    「花嫁」物語は、しばしば結婚式の場面がある。
    花嫁といういう単語があるが、毎回結婚式があるわけではない。

    今回は、どちらも結婚式までは行っていない。

    ドンファンという犬が出て来るので、犬好きな人にお勧め。
    三毛猫ホームズが猫が出て来るのに対抗して,均衡を図っている
    赤川次郎の流行作家ぶりがすごい。

  • ドラマティック調律

  • 最近読みました。大好きです。題名で最初引きましたが、内容はなかなかです

  • 火曜サスペンス的なものだったんですね…。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

モンスターの花嫁 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする