セーラー服と機関銃 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.52
  • (30)
  • (69)
  • (105)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 598
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879870

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 娯楽小説。息抜きのために読みました。いい意味でも悪い意味でも読みやすい作品で、後味も悪くない。赤川作品では有名な方ですが、個人的には「死者の学園祭」のほうが好きかな。

  • ラストが悲しい。

  • 薬師丸ひろこが主演して、何年でしょう?それを知っている、私ももう?歳!

  • 主人公の星泉は父親の死をきっかけに高校3年生にしてヤクザの組長をまかされることになりました!!しかし、組の人数はたったの5人。星泉はどうなってしまうのかっ!?

  • 目高組4代目組長!星泉のお話。読み出したら最後まで止まらなかったデス。

  • ドラマ化・映画化で話題の『セーラー服と機関銃』。あたしはドラマを見ていないので、内容全く知らなかったんだけど、楽しく読めた。ちょっとハラハラするサスペンスっぽいかんじ。

  • ドラマで有名になった原作版。
    意外な結末には思わず吃驚しました。非常に読みやすいです。

  • 面白かったんだけど〜…ラストが…はぁぁ

  • ドラマが始まるのでついつい・・・読みやすくておもしろかった。カ・イ・カ・ンのセリフはオリジナルだったのね

全79件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

セーラー服と機関銃 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする