セーラー服と機関銃・その後――卒業―― (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.48
  • (14)
  • (17)
  • (52)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 246
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879887

作品紹介・あらすじ

18歳、高校三年生になった星泉。高校卒業を間近に控え、できるだけ普通の女子高生として生活したいと願っているが、周囲がそれを許してくれない。星泉の名をかたる「偽者」が現れたり、強引な地上げに苦しむ町から「町を救ってほしい」と頼まれたり…。スーパーヒロイン・星泉の成長と、セーラー服からの「卒業」を描く、大ベストセラー『セーラー服と機関銃』の続編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読了。
    先日セーラー服と機関銃を読んだので、忘れないうちに続きを。
    高校3年になっても、色恋はさらっと。死もさらっと。だけど、味がないわけじゃない。
    そして爽やかな読後感。

    赤川次郎の肩のこらないミステリは、やっぱり好き。

  • ヤクザ同士の麻薬がらみの抗争を題材にした前作に対し、
    今作は、地上げがらみの利権争いを題材にしている点で、
    バブルの頃の作品だなぁ~っと…(笑)

    ただ、その分、プレーヤーも増え、複雑な関係となっており、
    また、前作で目高組が解散している設定の中では、
    ライト・ミステリーレベルでは、お話に無理も多かったです…。

    『セーラー服と…』をシリーズ化しなかったこと、
    今作で、星泉の卒業によって『セーラー服と…』を完結させたこと、
    それは、正解だったと思います。

  • 星泉ついに殺人を犯したか!

    組を解散しても、弱いものを守る気質が事件を呼ぶ!

  • セーラー服と機関銃の続編というものの,セーラー服と機関銃より先に読んでしまいました。
    赤川次郎は映画好きのため,作品が映画の台本のようだということが分かりました。

    どんどん映画にしましょう。

    本作品では,少女が何人も亡くなっているのは悲しいし,
    赤川次郎の理想の女性像が浮かび上がっています。

    透明感のある女性を書く時には,赤川次郎は,映画の原作として逸品だと思います。

  • けっこう重要な人物があっさり、悲惨な死に方をしちゃうのでビックリした。赤川次郎はほとんど読んだことがなかったので、少年少女向けな無難な展開をするんだろうと勝手なイメージを作り上げてたもんで。

  • 「セーラー服と機関銃」続編。
    佐久間さんがいないのでどうなるのかしら…と思いましたが、前作に比べて主人公は格段に進化してると思います。
    街を守るってことでちょっとスケール大きすぎな感じもしますが。
    人間の嫌な部分がしっかり描かれててやだ。

  • 卒業できたのが奇跡・・・

  • 安定の面白さ。
    セーラー服と機関銃シリーズを読んだ記憶がないから、今度手に取ろうと思った。
    ーーー
    山間の村に単身赴任していた柳沢は、8年ぶりに東京の我が家へ帰ることに。家族との再会を楽しみにしながら列車に乗ったーーが、なぜか女子高生・佐知子が付いてきた! 柳沢に淡い恋心を抱く彼女にとっては「駆け落ち」らしいが、放っておくわけにもいかない。しぶしぶ一緒に東京を目指すが、道中はさらなる厄介な”追跡者”も現れトラブル続出。はたして、柳沢は家にたどり着けるのか。男女の想いが交錯する、おかしくてちょっと切ないロード・ノベル。

  • 前作も面白かったけれど、この作品も面白かったです。
    何も考えずにさくさく読めて、楽しい。

  • 気楽に読めて疲れの取れる感じ。
    感じって言ってしまう自分のアホさに機関銃。

全25件中 1 - 10件を表示

プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

セーラー服と機関銃・その後――卒業―― (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

セーラー服と機関銃・その後――卒業―― (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする