殺人よ、こんにちは (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.74
  • (20)
  • (18)
  • (30)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 211
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879962

作品紹介・あらすじ

今日、パパが死んだ。昨日かも知れないけど、どっちでもいい。でも私は知っている。ママがパパを殺したことを。みにくい大人の世界を垣間見た十三歳の少女、有紀子に残酷な殺意の影が。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公の大人びた言い回しであったり、行動ひとつひとつがツボでした。

  • 父の突然死から始まるこの物語は、一貫して13歳の主人公の視点で描かれている。大人びている主人公という体をとっているが、実はまだまだ子どもであり、知恵も経験も足りていないことが随所でわかる。自分自身が年を取ったからかもしれないが、主人公が最後まで理解できなかったであろう母や叔父たちの弱さや気持ちの方に共感してしまう。
    謎解きそのものは少し肩透かしだったが、子ども時代に子どもでいられなかった人間の歪みと悲しみに考えさせられるものがあった。

  • 赤川次郎の古いやつは、子供の頃に一通り読んだけどたまに読み返したくなる。
    けど今読むと色々ひどい、というか現代の価値観だと色んな所から突っ込まれそうな描写が所々に……。
    とりあえず、主人公の叔父と、母親の婚約者がクズすぎる。

    続編の方は、読んだかもしれないけど全く記憶がないので、そちらも読み返そう。

  • 微熱に浮かされた真夏の夜の夢って感じ

  • 2013年7月28日に開催された、第7回ビブリオバトルinいこまで発表された本です。
    テーマは「夏休み」。

  • 赤川次郎でこれとさようならが一番好きです

  • 推理とか殺人のハラハラとかじゃなくて主人公の心情にとことん引き込まれるのが面白かった。

  • 誰が,誰を殺そうが,誰が,誰になにをしようが,
    自分の価値に関係なければ,ひとまず流しておく。

    大人の女性でもできない振る舞いを13歳の少女が。

    父親を亡くし,母親の愛人や父親のできの悪い弟など,利害関係者がうごめく。

    最後は,冷血な13歳の少女の本領発揮か。

    続編は,「殺人よ,さようなら」

  • 主人公は、よくある女の子と違って冷静に物事を観察している。
    こういう主人公と会ったのは初めて( ´ ▽ ` )
    サガンの「悲しみよ こんにちは」と比べるのも面白いです

  • 大人のユキと柔和な八重子さんがお気に入り。
    それぞれの登場人物の設定が赤川さんらしいです。
    何回も読んでそろそろ本も擦りきれてきたけれど、それでも飽きない面白さが行間から滲み出ている。
    夏が恋しくなります。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズ、「三毛猫ホームズ」シリーズなどミステリーの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍。

「2021年 『夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
石田 衣良
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人よ、こんにちは (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×