殺人よ、さようなら―赤川次郎ベストセレクション〈8〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.65
  • (13)
  • (12)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041879979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供のころ、少女漫画で「殺人よ、こんにちは」を読み、原作の小説があることを知って読んだ。
    あれから30年以上は経ってると思う。
    たまたま図書館で続編を発見!
    続編があったなんて初めて知った。
    懐かしいなぁ。
    ちょいちょいご都合主義な部分はあるけど、読みやすいし、おもしろかった。

  • 『殺人よ、こんにちは』の続編。
    読んだと思っていたら全く記憶になく、初読だった模様。
    前作が'83年で、この作品の初出が'91年なので約8年。
    物語の中では前作から3年が経過し、主人公は16歳になっている。

    多分、作者のキャリアの問題だと思うが、前作よりも洗練されていてストーリーもよく練られ、ミステリーとして面白かった。
    前作も悪くはないけど、割と単純だったかなー、と。

    主人公の有紀子は、もともとシニカルな女の子だったが、前作のラストで“人を殺した”という十字架を背負って、ますます影のある少女に成長している。
    そして相変わらず、いや、前にも増した胆力と度胸で新たな事件に向かっていく。
    今のところこの続編は出ていないが、彼女が本当に殺人に“さようなら”できるといいな。

  • 『殺人よ、こんにちは』から3年後。
    たくさんの人が傷ついて、信頼していた大人たちが裏切って、大切な人が死んでしまって。
    ユキには一生を賭けて背負っていく枷がある。

  • とても好みの(こんにちはとあわせて)二冊でした

  • 今回も終盤のナゾが明らかになっていく流れのところ釘つけになった。

  • 赤川次郎作品にしては暗い方の部類。

    殺人が横行し、
    人の良さそうな登場人物も、
    殺人者の一味だったりする。

    赤川次郎作品にしては、何を主張しているのかが分かりにくい作品。
    野生時代という雑誌への連載のようなので、
    雑誌の性格に気を使いすぎているのかもしれない。

  • こんにちはの続きで、これも面白くてすらすら読んでしまいました。

  • この本はまあまあおもしろかった。これは「殺人よ、こんにちは」から3年経った話なのでその本も読んでみたと思いました。

  • 小学校高学年、赤川次郎すきだったな。
    三毛猫ホームズシリーズとこれ。
    これ何度読んだかわからない。
    中学になり、サガンの元ネタ読んだ時は赤川次郎のセンスにびびった。

    赤川次郎、もっと評価されてもいいと思うんだけど。
    エンタメ作家の域越えて職人だよねぇ。

    堂々と赤川次郎が好きだと言える大人でありたい。

  • とても懐かしい!
    小学生の時初めて赤川次郎読んだのが
    前作の『殺人よ、こんにちは』だったような?


    主人公の女の子がたくましくて好きでした

    というか赤川次郎の作品に出る女性はたくましい人多くて好きです^^

    その女の子が恋をするんだけど
    私もいつかはこんな恋を…とか夢見てた気がするw

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

殺人よ、さようなら―赤川次郎ベストセレクション〈8〉 (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする