ループ (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (112)
  • (127)
  • (254)
  • (48)
  • (13)
  • 本棚登録 :1118
  • レビュー :114
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041880067

作品紹介・あらすじ

科学者の父親と穏和な母親に育てられた医学生の馨にとって家族は何ものにも替えがたいものだった。しかし父親が新種のガンウィルスに侵され発病、馨の恋人も蔓延するウィルスに感染し今や世界は存亡の危機に立たされた。ウィルスはいったいどこからやって来たのか?あるプロジェクトとの関連を知った馨は一人アメリカの砂漠を疾走するが…。そこに手がかりとして残されたタカヤマとは?「リング」「らせん」で提示された謎と世界の仕組み、人間の存在に深く迫り、圧倒的共感を呼ぶシリーズ完結編。否応もなく魂を揺さぶられる鈴木文学の最高傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『らせん』が一作目の続編だとするなら『ループ』は広がった物語を再度収束させるような作りになっていた。ホラー作品の代名詞みたいに思っていたけどシリーズが進むにつれてオカルト要素は次第に影を潜め、三作目に至ってはもはやサイエンスフィクションの趣になってしまった。読み進めるごとに前作の見方が変わっていく作りは見事。

    ただ惜しむらくはどうしても蛇足感が否めないこと。『リング』の完成度があまりにも高かったので続編のストーリーがどうしても納得できない気持ちがある。浅田の家族愛が、竜二の知的欲求が、山村貞子の怨念が、バーチャル世界での出来事だったというのはどうにも釈然としない。これが全く独立した作品だったなら素直に楽しめたのかもしれないのだけど。『リング』は常識じゃ説明できない超常現象を理屈で追及していく過程が最高に面白かったのであって、読み終えてもまだ人知の及ばぬ「何か」を想像する余地が残されていた。だからそれを全部説明されちゃうと興ざめってのもあるんだよね。

    まあなんだかんだ言ってもつまらなかったわけではなく小説としては充分に楽しめたといえる

  • という事で最終章『ループ』。

    そこそこ面白いものの、あくまで『リング』、『らせん』のおまけ。
    前2作を読んだ人はそこそこ楽しめるでしょう。
    カテゴリは前2作の関係からホラーにしましたが、実際SFミステリーでしょう。

    2010/5/14
    『リング』、『らせん』はすばらしかった。
    さらなる続編に良作なしなので敢えて読んでませんでしたが、最近「おもしろい!」という評価を目にしたので読んでみようと思いました。
    amazon評価でも☆4ですね。

  • リングとらせんの話は何だったのか・・という気持ちになった。
    誰もが一度は考えそうな空想が実は本当でしたとか・・

    馨からの最後のメッセージは両親と愛する人に届いたのかな

  • リングから始まる3部作の最終章。リングで生き残れなかった高山の意を継ぐことになる少年が、がんウイルスに侵された両親と恋人(?)のために決意する。

    2作目「らせん」完成度から期待してしまった感があるが、結論からすると、ちょっと詰め込みすぎでいまいち。ただし、相変わらず、ホラー要素ゼロでSFなのは評価したい。

    前半半分があーだこーだ言う割にほとんど情景が動かず、半分を超えたところで突然、仮想現実のストーリーに加え、1作目からのおさらいが始まり、正直なところペースが読めないのだな。

    また、もう少し登場人物を増やしても良かったのでないか。少ない人物ですべてを説明しようとするのはちょっと無理があったのではないのか。

    相変わらず、たくさん文献を調べているところは非常に評価できるものの、ウイルスが生まれたのはともかく、どうやって蔓延したのかのメカニズムや、テロメアの配列が異なっているなど、かなり無理があるところも目立ち、専門知識があると苦笑してしまうところがあった。

    せっかく貞子に戻りかけたものの、貞子の子供を活かすこともなく終わってしまうのも残念。

    一番残念で、失敗したなあと思ったのは、これは「らせん」の余韻を持ってすぐに読むべき話だったのあり、1年寝かしてしまったこと。

    ホラー作家ではなく、SF作家としての鈴木光司の実力は結構あるのではないかと思う。ただ、他に作品出してたっけなあ?

  • リングはホラー
    らせんは科学
    本作ループは科学を超えた哲学的な話と言っても良いのではないでしょうか!

    生物の成り立ちを研究している学者は地球に生命が誕生した事を有り得ないぐらいの奇跡が起きたと言っています。
    反対に宇宙を研究する学者は宇宙が有限で無ければ生命が誕生する奇跡は起きると言っているそうです。

    私達は地球で生命が誕生した事に対し凄い確率の奇跡が起きたと考えることは出来ても、実際に今自分が生きているという事実を実感しているために、その奇跡が必然的なものだと勝手に受け止めてしまっている様な気がします。



    ループの主人公の馨は幼い頃に、この世界が都合よくできている事に疑問を持つ。

    医学生となった馨の世界にはウィルス性の癌が蔓延しており馨の両親や恋人が癌のキャリアとなり発症の恐怖に怯えていた。
    そんな中、馨はあるプロジェクトと癌の関連に疑問を持つ事になる。


    本作品はリング、らせんから連なるストーリーです。
    らせんでダークサイドに堕ちた?高山竜司が再び登場します。

  • リング、らせんを読んでいないと楽しめないが、一番面白かった。なぜ、映像化しないのか意味不明だ。

  • これを読んで初めて、リングの続編があって良かったと思えた。このリングシリーズは三部作で一応完結したが、まとまったストーリーのお手本のような気がする。この作品だけは映画化されていない?と思うが、主人公の出生の秘密を知ると、それも仕方ないね。

  • さぁ、
    3部作最後の作品ループです!
    うっすらでした!
    ほとんど覚えてなかった笑

    高山竜司がループから現実に行ったのは覚えてたんですが、
    それだけ。。。
    どうやって終わったのかも覚えてなかったわぁー。

    ループの主人公は馨です!

    この世界は「転移性ヒトガンウィルス」のせいで滅ぶんじゃないか?
    と、
    いうところまで、
    病気に殺されかけている世界でした。

    馨の父もそのガンに殺されかけているところでしたね。
    父が入院している病院に居たのが、
    礼子とその息子でヒトガンウィルスに侵されている亮次でした。

    馨と礼子がいい感じになり、
    それを感じ取ってしまった亮次が自殺をする。

    父のため、
    礼子のため、
    礼子と結ばれたがゆえに馨も感染してしまったゆえか、
    インディアンの聖地にいくことになる馨!
    インディアンの聖地にヒトガンウィルスを治すヒントがあると向かう馨。

    ループとは、
    パソコン上の仮想空間でそこで地球みたいな、
    宇宙みたいな、
    そんな世界を作ってみたら人が発生して、
    リアル地球と同じような世界ができちゃった!
    つか、
    リングの世界、
    らせんの世界はパソコンの中でのお話だったんですか!
    って、
    知っちゃったよ馨は!
    つか、
    そのパソコン世界の住人「高山竜司」のデータから、
    この現実世界に作られた高山竜司=馨だったんですってよ!
    びっくりだ!

    高山竜司をこっちの現実世界に持ってきたときに、
    貞子の、
    リングウィルスがきちゃったのが変形して進化してヒトガンウィルスになったと?!
    自業自得やん!
    つか、
    この世界も実はパソコンの中の世界だって思うと怖いなぁ。。。

    で、
    らせんの最後のところにつながるんですねぇ。。。
    安藤と話してる高山竜司は馨なんですなぁ。。。

    世界の始まりに興味がある!
    もちろん、
    その最後にも興味があるが、
    きっと、
    と、
    いうかほぼほぼ絶対的にその場には立ち会えないでしょうね。
    でも、
    かなりの確率でこうなる!
    と、
    言うのがわかるだけでも、
    僕が生きてる間にどうにかわからないものか?
    宇宙の外側とか、
    次元の上下とか、
    始まりは?
    神様?
    始まる前には何があった?
    無から有ができるなんて想像もできない!
    考えても考えても、
    凡人のぼくにはかわらないです。。。
    でも、
    この世界は人間が作ったコンピューターの中」なんですよ!
    と、
    言われちゃうと納得するしかない。
    でも、
    この世界を作った人間の世界の最初はって、
    ずっと、
    ずっっと永遠に始まりまで行けるのか?
    終わりってあるのか?
    もう、
    わからなくなる世界にいったの「結末」を見せてくれたループにはある意味での感謝の念がある。
    出会えてよかった本なんでしょうね!

  • 2000年 読了

  • 映画化はされてないと思うけど、リング、らせんの続編。個人的には、ループを読んで初めてリング、らせんが完結する印象。展開がドラスティックで非常に面白い

全114件中 1 - 10件を表示

ループ (角川ホラー文庫)のその他の作品

ループ 単行本 ループ 鈴木光司
ループ Audible版 ループ 鈴木光司

鈴木光司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
フランツ・カフカ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ループ (角川ホラー文庫)に関連するまとめ

ループ (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする