将棋殺人事件 (角川文庫)

  • 55人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (4)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 竹本健治
  • 角川書店 (1994年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041883020

将棋殺人事件 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詰将棋の説明がめんどくさすぎて本筋があんまり頭に入ってこない。でも後々トリックに絡んでくると思ってえらい苦労しながら読んだけどまっったく関係なくてげっそりした。図解いらねーじゃん…疲れた…。

  • エンタメ寄りのミステリ。
    事件の中のミッシングリンクを探すような内容でした。

  • 前半は複数の登場人物の断片的な話が次々と語られ、状況把握に振り回されちょっと混乱するが、そこさえ超えれば綺麗に収束へ向かう。
    匣でも感じられた、ヒラヒラとした文章は好みなので雰囲気とあわせて楽しんだ。で、将棋(詰将棋)はサッパリ判らないのでそこはスルーで…。

  • やった、やったぞ!
    将棋ならわかるぞー。

  • 匣が面白かった竹本さんなので、期待して読んだ。期待通り!

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。

全6件中 1 - 6件を表示

将棋殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

将棋殺人事件の詳細を見る 単行本 将棋殺人事件 竹本健治
将棋殺人事件 ゲーム3部作 Kindle版 将棋殺人事件 ゲーム3部作 竹本健治

竹本健治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

将棋殺人事件 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする