囲碁殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.06
  • (0)
  • (2)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041883037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ごめんなさい竹本先生。
    囲碁わかりません。

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九五四年兵庫県生れ。佐賀県在住。中井英夫の推薦を受け、大学在学中に『匣の中の失楽』を探偵小説専門誌「幻影城」上で連載。デビュー作となった同書は三大奇書になぞらえ「第四の奇書」と呼ばれた。
ミステリ・SF・ホラーと作風は幅広く、代表作には『囲碁殺人事件』『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』の「ゲーム三部作」をはじめとする天才囲碁棋士・牧場智久を探偵役としたシリーズや、自身を含む実在の作家たちが登場するメタ小説「ウロボロス」シリーズなどがある。近著に大作『闇に用いる力学』。

「2021年 『竹本健治・選 変格ミステリ傑作選【戦前篇】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹本健治の作品

ツイートする
×