閉じ箱 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.56
  • (11)
  • (6)
  • (23)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041883068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほんとのほんとに好きな本。ラピスラズリとけむりは血の色を永遠に読んでられる……どこかぞわわっとするミステリやSF好きな人にはぜひ読んでほしい。ラピスラズリが大好きすぎた

  • 中井英夫が竹本健治を見出す切っ掛けとなったデビュー前短編「夜は訪れぬうちに闇」など、竹本がその転載ぶりを遺憾なく発揮した、珠玉の短編集。

  • とらえどころのない作家さんだと感じる。
    短編集のうち、巧妙なトリックの推理ものもあるし、学生でも書きそうな文章に酔った作品もある。一方、評価されているのは「恐怖」のような作品でー。いろいろな面がかいま見られる。

  • 「ホラーというと悲しく響く幻想小説」
    竹本健治のミステリというよりはホラー、
    ホラーというより妖気譚。
    これはすばらしい!!
    匣ではない箱です。

  • 竹本健治さんのやや怖い雰囲気の短編をあつめた本。
    怖いといってもグロい話ではなく、正気と狂気の間を不安定にゆれうごくような雰囲気の作品が多い。代表作といわれる短編「恐怖」は数ページしかない作品なのに最後に一気に落ちる。
    とは言え、表題作「閉じ箱」はこの中でもやや異色の作品に感じた。これをタイトルにもってきたというのがまた味わい深いなあと思った。

  • ホラーミステリ集。「跫音」が恐ろしくて恐ろしくて、読後ふと耳を澄ましてぞっと身震いをしたものです。傑作。

  • 短編小説。
    いちおミステリーだけど、あたしでもオチがわかってしまう。単純。

  • 竹本健治を知りたいひとにオススメ。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1954年、兵庫県生まれ。22歳の時中井英夫の推薦を受け、雑誌「幻影城」に『匣の中の失楽』を長編連載、作家デビューする。2016年末の数々のミステリ・ランキングに『涙香迷宮』が上位ランキング、2017年度第17回ミステリ大賞を小説部門で受賞。作品に、『囲碁殺人事件』『しあわせな死の桜』『凡虚学研究会』他多数。

閉じ箱 (角川ホラー文庫)のその他の作品

閉じ箱 単行本 閉じ箱 竹本健治

竹本健治の作品

閉じ箱 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする