傀儡の糸 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041894019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • んーなんだろうな
    まぁおもしろかったんですが
    なんかいまいち感が・・・
    ストーリーが進む中であいつが犯人か
    いやあいつかと転々と変わっていって
    お、おまえかと
    対決の時の武器?があれ?ってなると思います

  • ホラー長編。

    連続して発生する若い女性殺害事件。被害者は、鼻を削がれ、体を切り刻まれ、そして、手足の指を切断されて発見された。凄惨を極める猟奇殺害事件。犯人の目的は・・・?

    きーっ゛(`ヘ´#) なんてつまんない本なんでしょう・・・。初めは怖い×2と思いながら読んでて、ちょっとおもしろいかもと思ったけど。

    オチがひどい。結局オカルトかよ(笑)私は超常現象の類のオチは嫌いです。だってさ、そんなオチが認められるなら、どんな密室殺人も『幽霊の仕業でした』で帰結させられるわけでしょう?それではちょっと・・・読み物としてはどうよ?(笑)

    オカルトホラーなら最初からそういってくれれば読まないのにーー(ρ_;)

全3件中 1 - 3件を表示

亜木冬彦の作品

ツイートする
×