愛は誰のものでもなく (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.08
  • (0)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041904022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作詞家としても有名な吉元由美氏による作品
    本作品は杏里に提供をしてきた海に関する作品を主題として書き下ろした作品集

    読んでいると幸せと切なさを感じ、妙に海を見たくなる1冊

    海辺で読んだら、違った趣を感じられるかもしれません。

  • 短編集。<br>
    2つめの『最後のShooting Star』がお気に入り。相手のことが好きで好きで仕方ないもどかしさ。そのもどかしさをうまく伝えられなくて、つきあっているのに何だかひとりぼっちみたいな気持ちになってしまう瞬間がある。
    大人になるために乗り越えていかなければならない何か。それを感じることを時に淋しさと呼ぶのかもしれない。
    やけに共感してしまい、涙が出た。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1960年、東京生まれ。成城大学英文学科卒業。広告代理店勤務を経て1984年作詞家デビュー。淑徳大学人文学部表現学科客員教授。「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」を主宰。サロンセミナー、イベントを開催している。

「2018年 『自分という物語を生きる 心が輝く”大人のシナリオ”』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉元由美の作品

ツイートする