だから恋は少しせつない (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.12
  • (0)
  • (4)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041904046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • せつながりな私には、どのお話しも胸がきゅっとなりました。
    恋するってせつないな。でも、人を好きになるって、すごくあったかいこと。
    恋しくて苦しくて泣ける夜があっても、やっぱり好きな気持ちに嘘はつけない。
    ちょこちょこ読み返しちゃう本です。

  • あぁーそれわかるってゆう切なさで、何回かうるっとなる。

    いま悩んでることも、いつかは分類されて懐かしく思えるんでしょうかねぇ。

  • さすがに飽きた。恋愛小説4連続。笑
    言葉で表せない気持ちであればあるほど、感情としては豊かなもの。
    恋なんてのはまさにそう。絶妙な感情。すごく優しいのに、すごく痛い。
    「そういう諦めのことを“生きていく悲しみ”というのだろう」
    「女としての誇りが傷ついたことは、恋とは何も関係がない」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1960年、東京生まれ。成城大学英文学科卒業。広告代理店勤務を経て1984年作詞家デビュー。淑徳大学人文学部表現学科客員教授。「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」を主宰。サロンセミナー、イベントを開催している。

「2018年 『自分という物語を生きる 心が輝く”大人のシナリオ”』 で使われていた紹介文から引用しています。」

だから恋は少しせつない (角川文庫)のその他の作品

吉元由美の作品

ツイートする