さらならシングル・デイズ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041904091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結婚しようと決意した自分を、応援してくれてるような気がした。

    結婚するぞと強く意識すること
    自分の気持ちに正直でいること
    自分の過去と向き合って、振り返らないこと
    前を向いて、勇気を持って一歩進むこと

    全て9人の女性みんなに共通してる。

    結婚を通過点として、これからの人生を創造するために、私に今できることだ。

  • 恋愛している・恋愛していた女の子、ぜひ読んで。
    絶対共感できる部分がたくさんあるから。
    恋愛の気持ちについて描いてあるの。
    短編集です。
    今のあたしには結婚はリアルじゃないけれど、適齢期にきたらまたこの本を読んで色々考えるのだろうと思った。
    吉元由美はあたしに合っているのかな。好き。

  • ずっとしあわせだったよ。いつも、いつだって。<あなたをとても愛せたから>

    結ばれる恋愛だけがすばらしいのではなく、自分が恋を通してどのように磨かれたかということが大切なのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年、東京生まれ。成城大学英文学科卒業。広告代理店勤務を経て1984年作詞家デビュー。淑徳大学人文学部表現学科客員教授。「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」を主宰。サロンセミナー、イベントを開催している。

「2018年 『自分という物語を生きる 心が輝く”大人のシナリオ”』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さらならシングル・デイズ (角川文庫)のその他の作品

吉元由美の作品

ツイートする