天保悪党伝 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041905012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 悪党なりの生活があり、情があり、親心がある。
    洗いたくても洗いきれない足がある。

    おれたにはそのようにしか生きられねえのだ。おめえがいちいち気に病むのはよしな。いいか

    再読。何度読んでもこの人の書く悪党の人情に惹かれる。

  • 悪いんだけど優しくて、でもやっぱり悪い。悪党とはこういうことさ(紅の豚風に)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1927年山形県生まれ。山形師範学校卒業し教員となる。結核を発病、闘病生活の後、業界紙記者を経て71年、「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞し、73年「暗殺の年輪」で直木賞を受賞。時代小説作家として幅広く活躍し、今なお多くの読者を集める。作品は『蝉しぐれ』など多数。

「2021年 『いのちを守る 医療時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢周平の作品

ツイートする
×