天保悪党伝 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041905012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪党なりの生活があり、情があり、親心がある。
    洗いたくても洗いきれない足がある。

    おれたにはそのようにしか生きられねえのだ。おめえがいちいち気に病むのはよしな。いいか

    再読。何度読んでもこの人の書く悪党の人情に惹かれる。

  • 悪いんだけど優しくて、でもやっぱり悪い。悪党とはこういうことさ(紅の豚風に)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)
日本の小説家。山形県鶴岡市出身。江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。代表作として『暗殺の年輪』『たそがれ清兵衛』『海鳴り』『白き瓶』『蝉しぐれ』など。
1971年「溟い海」で第38回「オール讀物」新人賞、1973年「暗殺の年輪」で第69回直木賞、1986年「白き瓶」で第20回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。ほか、菊池寛賞、朝日賞、東京都文化賞を受賞。紫綬褒章を授与されている。選考委員として、オール讀物新人賞、直木賞、山本周五郎賞にも関わった。
映画化された作品も多数あり、特にヒット作としては「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「蝉しぐれ」「武士の一分」。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。

天保悪党伝 (角川文庫)のその他の作品

天保悪党伝 (新潮文庫) 文庫 天保悪党伝 (新潮文庫) 藤沢周平
天保悪党伝 単行本 天保悪党伝 藤沢周平
天保悪党伝 (新潮文庫) Kindle版 天保悪党伝 (新潮文庫) 藤沢周平

藤沢周平の作品

ツイートする