春秋山伏記 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.65
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041905029

作品紹介・あらすじ

白装束に髭面で好色そうな大男の山伏が、羽黒山からやってきた。村の神社別当に任ぜられて来たのだが、神社には村人の信望を集める偽山伏が住み着いていた。山伏と村人の交流を、郷愁を込めて綴る時代長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 藤沢周平、予想通り楽しませてくれた。

  • 東北の山村に山伏がやって来て住み着き、村人たちとの触れ合う物語。生きる事の喜び、他人への思いやりがユーモアを交えて述べられる。読後感の爽やかな作品。2016.12.18

  • やはり面白い。

  • 久しぶりの藤沢周平。
    山伏というものを得たいのしれない少し恐ろしいイメージで見ていた。
    著者もそうだったという。

    でおこの中ではより短で暖かい。
    あえて方言を用いる手法も違和感や読みにくさなく、さすが。

    娘がいる身としては、最初と最後の章を身を切られるような思いで読んだ。

  • 山伏が村に起こる問題を解決していく話。
    この山伏は病気や人間関係のもつれ、事件解決など幅広い知識や見識を持っている。それにより一番良い方法をとる。
    しかし、山伏は決して知識人ぶるような態度をとることもない。そこに好感を持ちました。
    それほど話は長くないし重々しくなく、殺伐としているわけでもないが村にとっては重大な事件を解決するのが面白かった。

  • 江戸時代末期、庄内地方。
    庄内弁がやさしい響きです
    山伏が、普通に生活に溶け込んでいたんだなぁ
    頼りにされ、医者の代わりもし・・・
    こんな時代があったんだね

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1927年山形県生まれ。山形師範学校卒業し教員となる。結核を発病、闘病生活の後、業界紙記者を経て71年、「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞し、73年「暗殺の年輪」で直木賞を受賞。時代小説作家として幅広く活躍し、今なお多くの読者を集める。作品は『蝉しぐれ』など多数。

「2021年 『いのちを守る 医療時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×