緩やかな反転 (角川文庫)

著者 :
制作 : 水口 理恵子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.17
  • (1)
  • (6)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (517ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041916148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三十一歳のOL・亜紀子は、ある日、見知らぬ女性の訪問を受ける。亜紀子が最後に憶えているのは、その女性を玄関に招き入れたこと。―そして次に気付いた時、亜紀子は血の付いた野球のバットを握り、床に倒れている自分自身の姿を見下ろしていた。鏡を見た亜紀子は、自分の外見がその見知らぬ女性の姿に変わっていることに気付く。信じられないことに、亜紀子は彼女に殺され、そして何かのはずみで亜紀子と彼女の体が「入れ替わって」しまったらしい。加害者の姿のままで行き場を失った亜紀子は、免許証からその女性が野田光代という名前だと知り、光代の住所を訪れてみることにするが―。「反転」というふしぎな現象を通じて、二人の女性の生きる姿を細やかに描き出す、著者渾身のサスペンス・ミステリー。(BOOKデータベース)

  • ビール会社に勤め、利き酒師の資格を持つ31歳の高木亜紀子。ある日、「吉田」を名乗る女が「マンションの下の階に引っ越してきた」と訪ねてくる。玄関の壁に掛けられた全身鏡で2人の視線が交錯したとき、亜紀子は意識を失う。目覚めると、そこには倒れている自分自身の姿。姿見に映るのは、吉田と名乗った見知らぬ女だった。

    精神と身体が入れ替わってしまう、という設定は小説や漫画によくあるが、このように「被害者」と思われる主人公が「加害者」に乗り移ってしまう(しかも、相手のことを何ひとつ知らない)というのは珍しい。43歳で2人の子を持つ専業主婦になってしまった亜紀子の戸惑いと違和感は、自分が亜紀子に近い立場だけに何だかとてもリアル。

    実際には、物語の半分くらいで「野田光代」(吉田と名乗った女)としてのスリリングな数日間は終わり、その後は無事、主人公本人の身体に戻れている。少しずつ謎と彼女たちの関係性が判明していき、物語に引き込まれる。新津きよみさんの他の作品でも見かけた「不思議な鏡」のエピソードが終盤に登場するなど、少しホラー要素もあり面白かった。

  • 読みにくい。
    ミステリーだけど、謎解きができる訳じゃないので、読み進めるしかなくて。
    文章はゴツゴツと角張った印象。

  • 長編だけど一気に読めた。入れ替わった二人の話が交互になっていて最初は戸惑うかも。
    二度読みがお薦めです。

  • 突然自分と他人が入れ替わってしまう物語。
    それも事件の犯人と被害者が・・・2人の女性の人生どうなってしまうのか、最後までハラハラさせられました。

  • 自分の前に倒れている人がいて、その人が自分だった・・・衝撃的な始まりからどんどん読み進んで行きました。中身が入れ替わったため、子育て経験が無いのに子育てしたり、模索しながら他人の人生をなぞる生活も面白く読めました。ただちょっと長いかも。もう少しボリュームを下げてもいいんじゃない?と思いました。

  • とても不思議な体験談。人と人がぶつかって、中身が入れ替わってしまうという、なんだか懐かしいストーリー。(大林宣彦監督の映画「転校生」だった・・・古!)ただ、事件が絡んでいるのでちょっとハラハラドキドキ。この不思議な体験を通して、自分を見つめなおすという感じ。

  • 「ブルーもしくはブルー」を思い出した。
    人生が入れ替わる、という点では近かったけど、ショッキングな導入でした。
    タイムカプセルみたいなお酒をオープンする瞬間は本当にドキドキした。
    ただ再読する感じじゃないかも。

  • 亜紀子はある日、見知らぬ女性の訪問を受けた。
    最後の記憶は、訪問者を玄関に請じ入れたこと。
    だが、次に気付いたとき、亜紀子は血のついた野球のバットを握り、床に倒れた
    “自分自身”を見下ろしていた!
    加害者の姿になって行き場を失った亜紀子は、
    その女性の持ち物から調べた住所へ、やむなく足を運ぶ。
    なぜ“私”は彼女に殺されなくてはならなかったのか?
    対照的な2人の女性の人生が交錯する、サスペンスミステリ。



    読むの楽しみです

  • 題名が面白そうと思い読んだら、ドキドキしながらアッと言う間に…読み終わりました!

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。青山学院大学卒。1988年作家デビュー。以来、女性心理を追及したサスペンスなどに定評がある。『二重証言』『女友達』『トライアングル』『ふたたびの加奈子』など多くの作品が映像化されている。近著は『夫以外』『神様からの手紙喫茶ポスト』など。

「2017年 『二年半待て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

緩やかな反転 (角川文庫)のその他の作品

緩やかな反転 単行本 緩やかな反転 新津きよみ
緩やかな反転 (角川文庫) Kindle版 緩やかな反転 (角川文庫) 新津きよみ

新津きよみの作品

ツイートする