トライアングル (角川文庫)

著者 : 新津きよみ
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年5月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (6)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041916155

トライアングル (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死んだ兄の代わりに一度は医師になった亮二。
    死んだ被害者の代わりに佐智恵のフリをして生きる幸。
    事件が一度起きてしまうと、被害者だけでなくたくさんの人の人生が少しずつ狂ってしまう。
    犯人は・・・あれでいいのだろうか?
    いきなり登場、いきなり死亡、いきなり告白。
    何となくすっきりとしない終わり方だった。
    ドラマ化されたときは、もっと意外な犯人だったのだけれど。

  • 登場人物のキャラが立っていて、ストーリーも面白かったが、肝心の謎の部分があっさり明かされていくのが少々不満。仕事に生きる女性たちが描かれていたのが良かった。

  • (ネタバレあり)
    途中までは面白かったんだけどな。。
    サチさんの産みの母親の行動にはまったく同情の余地はないし、ましてや日本以外で育つのは子供のためにならないという理由で子供を棄てて海外で再婚なんて、本気でそんなこと思ってるなら正気を疑うレベルだと私は思うけど。

    血の繋がりだけで才能が遺伝するんだったら、世の中に新しい才能は出てこないっつうの。
    あとは個人的に刑事さんとサチさんがくっつくのも気にくわない。
    お互いに仄かに恋心を抱きながらもくっつかないでほしかったなあ。

  • 2009年に江口洋介さん主演で放送されていたドラマがとても面白かったので
    文庫化されるのを心待ちにしていたのですが、気づく事が遅れてしまい本日やっと手に入れ読む事が出来ました。

    主人公・郷田亮二が小学4年生の時に誘拐され殺されたクラスメイト・葛城佐智絵を名乗る『葛城サチ』を巡り大人になった亮二とその周りの人間達が怪しく動き出す。。

    ドラマとは大分話が違う事に驚きましたが、個人的にはどちらもそれぞれ別の楽しみ方があり良かったです。

    『自分の人生を生きているか』

    著者が伝えたかったメッセージを自分なりに咀嚼したいと思います。

  • 途中から一気に引き込まれてしまった。ほのかな恋心がそこかしこに散りばめられているのが、よかった。最後も、救いようのないものにならず、安心。

  • 大きな謎が出てきた、と思ったら、あっさり明かされるという展開が何度もあり、あれ~?となってしまった。そういう意味で予想外の展開でした。

    割りと勝手に解決してゆくので、気持ちの盛り上がりがついて行けないかも。

  • 2011年6月26日読了。
    以前、フジテレビ系でドラマ化された時から気になっていた作品が文庫化されたので購入(ちなみにドラマは見ていません)。
    親の期待する医師への道を捨て、インターポールで刑事の職に就いた郷田亮二には、小学生時代に同級生の少女が何者かに誘拐され、殺害されたという過去があった。
    少女の名は桂木佐智絵。亮二にとって初恋の相手だった。
    20年後の同窓会に出席した亮二たちの前に「葛城サチ」と名乗る女性が現れてーというストーリー。
    小学時代の同級生や恩師が偶然出会う確率が高すぎるのがちょっと気になるといえば気になるのだけれど、ミステリーとしてとても面白いのでそこは眼を瞑ることにします(笑)
    初恋がベースにあるので、切なさがまたいいスパイス。
    ドラマは結末も犯人も違うみたいなので、そちらも見てみたくなりました。

  • いろいろな関係の3人を鳴らす、あの事件あるいは刑事郷田。衝撃的な出来事が、その後の生き方に影響を与えることがある。
    心情を想像する場面で効果的に現れる手紙が印象的でした。

  • 印象に残る度 ★☆☆☆☆
    読み易さ度  ★★★★☆
    都合の良さ度 ★★★★★

    上司に勧められて読み始めた。可もなく不可もなく、それなりに楽しんで読める作品だった。
    小学四年生の葛城佐智絵は、ある日誘拐され絞殺死体で見つかった。佐智絵に恋心を抱いていたクラスメイト郷田亮二と、クラス担任だった藤崎敏子は、佐智絵を救えなかった後悔を抱えて生きている。そこに、「葛城サチ」を名乗る女性が現れる。
    物語は、10歳を祝う「二分の一成人式」と、その際に書いた「二十歳の自分に向けた手紙」を介して語られる。
    * * *
    総じて、都合の良い展開だったように思う。あるいは、現実感の乏しい展開というか…。
    亮二は亡き兄と両親のために「渋々」医者になったが、すぐにインターポールに転職する。日本での研修の最初に手がけた強盗事件の被害者である人物が、「事件当時のクラスメイト」だった。再開した「葛城サチ」も亮二のことを好く思っている。時効を迎えたものの、佐智絵誘拐殺人の真犯人を捜そうとする亮二と、なぜか協力的な先輩刑事。自分を責め続け、挙げくに養子を迎えようとする敏子…等々。
    ただし、都合は良いながらも、人物の心理描写(特に担任の藤崎敏子)は緻密で好感が持てる。サチの元に届いた佐智絵からの手紙が、物語の鍵になるのも良い。
    それぞれのシーンは良いのに、良いシーンばかりを集めすぎて、展開が御都合主義になってしまったような気がする。
    ドラマ版の小説は、結末が異なるらしく(しかもそちらの方が面白いらしく)。機会があれば手にとってみたい。

全9件中 1 - 9件を表示

トライアングル (角川文庫)のその他の作品

トライアングル 単行本 トライアングル 新津きよみ
トライアングル (角川文庫) Kindle版 トライアングル (角川文庫) 新津きよみ

新津きよみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

トライアングル (角川文庫)はこんな本です

ツイートする