蝶と稲妻 流想十郎蝴蝶剣 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041918098

作品紹介・あらすじ

剣の腕を見込まれ、料理屋の用心棒として住み込んでいる剣士・流想十郎には出生の秘密がある。それが、他人との関わりを嫌う理由でもあったが、ふさ、おゆき、田崎など、なぜか慕う者も多い。想十郎最後の事件は? 

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鳥羽亮 著「蝶と稲妻」、流想十郎胡蝶剣シリーズ№7、2011.5発行。ニヒルで一見投げやりに見えるけど、心の中は篤い思いが滾っている流想十郎のシリーズ、楽しみました。胡蝶剣の速さ、どんな相手もたじろぎます。女忍者、ふさ、良かったです。このシリーズも7巻で終わりのようです。

  • ほお、ここで終わるのかぁ。

  • 一つの区切りの作品です(シリーズ7弾)
    いつもの青洲屋とも決別を決心させた死闘

    鳥羽剣劇最高に流麗な蝴蝶剣のさえ!
    楽しんで読めますし・・・セカンドシーズンが楽しみ!

  • 第七弾
    この作者は秘剣が好きなのか、今回も秘剣対決
    気楽に読めるシリーズで登場人物にも問題はないが
    父、水野忠邦が失脚、想十郎は旅にでる
    今後はどうなるのか
    気ままに流れ旅で事件に出くわす方が合っているかも

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞。骨太の時代小説で人気を博す。著作は300冊を突破、快調に執筆中である。本書は屈指の人気作「介錯人・野晒唐十郎」(祥伝社文庫)の主人公・狩谷唐十郎の若かりし頃、生前の父と居合の稽古に励んだ日々を描く青春記の第五弾。

「2021年 『追討 介錯人・父子斬日譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥羽亮の作品

ツイートする
×