肝盗村鬼譚 (角川ホラー文庫)

著者 : 朝松健
  • 角川書店 (1996年12月発売)
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041920022

肝盗村鬼譚 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 肝盗村―北海道の片隅に位置する寒村でありながら、夜鷹山万角寺という根本義真言宗唯一の寺院と、古考学界の七不思議といわれる謎の遺跡を有する秘境である。城南大の宗教学者・牧上文弥はこの万角寺に生まれ育ったが、淫逸な父とこの地の風土風習を忌み嫌い22年前に上京して以来、故郷の記憶を封印していた。だが、父危篤の知らせを受け帰省を決めた途端、文弥の周囲には不可思議な出来事が…?!日本古来の恐怖を巧みな筆致で描き出す書き下ろし長編小説。(背表紙)

全1件中 1 - 1件を表示

肝盗村鬼譚 (角川ホラー文庫)のその他の作品

肝盗村鬼譚 Kindle版 肝盗村鬼譚 朝松健

朝松健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

肝盗村鬼譚 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする