ホラーコミック傑作選 (第1集) HOLY (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (1)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 69
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041924013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全然怖くなくて、気が抜けた
    でも、萩尾望都さんの「かわいそうなママ」
    何度も読んでるけど、読むたびに考える
    ……ほんとにね、どうすれば幸福になったんだか……
    望都せんせいは本当にこういうのが鋭いなぁ……


    .

  • 今夜は重いモノ避けたかったので、久々のコミック。

    文庫版コミックの漢字が読みにくい年齢になってきたかな(苦笑)。

    初版は20年以上前。初出は1969~1989年であるが古臭さはほとんど感じない。

    今回のお気に入りは、日野日出志「はつかねずみ」、花輪和一「怨焔」、次点が諸星大二郎「小人怪」、大御所手塚治虫「バイパスの夜」って感じかな……?!なお、丸尾末広「電気蟻」は単行本『新ナショナルキッド』収録で何度も読んでいるので、対象外としました。

    他の作家陣も豪華だし、一括りで「ホラー」と言っても方向性は様々。個人的には一作を除いて、全て及第点超え。

    今回、BOOK・OFFの¥108コーナー、10%引きで入手。こういう拾いモノは嬉しい。

  • どれも怖い。
    鼠が何よりも嫌いな私ははつかねずみが怖くて気持ち悪かった。絵の感じも嫌悪感を増幅してる気が…。
    怨焔は、女の妬みや憎しみほど恐ろしいものはないと感じる。死ぬまで、ではなく「死んでも」祟ってやるという情念がすごい。
    かわいそうなママは怖いというより哀しい。子供なのにそんなに大人の感情を読み取らなくても、と。子供がいたらまた違う感想を持つのかもしれないが。

  • 「HOLY」
    日野日出志は怖すぎる。
    吐き気がする。

  • <収録作品><br>
    手塚治虫「バイパスの夜」、美内すずえ「白い影法師」、諸星大二郎「小人怪」、日野日出志「はつかねずみ」、丸尾末広「電気蟻」、内田春菊「雨の日は嫌い」、花輪和一「怨&#28976;」、永井豪「霧の扉」、萩尾望都「かわいそうなママ」

  • 手塚治/美内すずえ/諸星大二郎/日野日出志/丸尾末広/内田春菊/花輪和一/永井豪/萩尾望都

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日生まれ。
1951年、大阪大学付属医学専門部を卒業(1952年医師免許取得、1961年医学博士号取得)。1946年、『マアチャンの日記帳』(少國民新聞)で漫画家デビュー。以後、『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』『アドルフに告ぐ』など、幼年向きから大人向きまで、あらゆるジャンルの漫画を描き続け、「漫画の神様」とも称される。生涯に描いた作品数は700以上、約15万枚と言われている。
1989年2月9日、逝去。兵庫県宝塚市に「宝塚市立手塚治虫記念館」がある。

「2020年 『火の鳥 未来編 <漫画原稿再生叢書>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする
×