愛について考える毎日 (角川文庫)

著者 : 矢野顕子
  • 角川書店 (1998年5月1日発売)
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041925065

作品紹介

弱い漢字について、呼び名について、パーティ・メニューについて、偏食について、きらいなスポーツについて、かぜのひきかたについて、老化について、"ネオ神経症"について等々、音楽家・矢野顕子が、日々疑問に思う事柄を、万人にきいてみました。「月刊アッコちゃん」シリーズ第6弾。

愛について考える毎日 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もはやバイブル。
    何回読んでも飽きません。弱い漢字、老化について、神経症について、クラシック、文房具。禁煙のススメ。好きな漫画、高円寺。
    廃刊しちゃったけど、ホント楽しい本。
    些細な身近なものへの感受性が半端ないです。すごいなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

矢野顕子の作品

愛について考える毎日 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする