グーグーだって猫である 小説版 (角川文庫)

  • 角川グループパブリッシング
3.11
  • (3)
  • (9)
  • (33)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041928028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブックオフで購入。猫好きだから。
    だけど、この映画見た事なかったし、大島弓子さんのマンガは知っててもそれも読んだ事なかった。
    舞台は吉祥寺だし、ほんわかしてました。

  • いまさらながら、読んでみた。
    さらりさらりとあっという間に読み終えた。
    ついでにDVDも見てみよう。

  • さらっと読めた、いかにも映画を簡単に本にした感じ。でも切なく透明度はあった。

  • アメリカンショートヘアの「グーグー」、
    とても可愛いです。最初の4ページに写真が載っています。この本は脚本をもとに小説化したものだそうです。映画では主人公の小島麻子を小泉今日子さんが演じたんですね。

  • 最近 猫に関する本ばっかり読んでます (;^ω^)
    マンガも映画も知らずに 大島さん初読。
    電車の中で読みだしたのが間違い!
    初めから ウルウルのしどおしで大変でした。
    ものすごく透明感のある文章で
    すごい漫画家さんは 小説も素晴らしいと実感!

  • ノベライズだからなのか?すっごくいまいち

  • 2013 10/22

  • 表紙が可愛すぎたから読みました
    グーグーかわいい…

    これは元は漫画でさらに実話らしい
    猫と漫画家、癌との闘病。
    おそらく映画で上野樹里がやった役は
    映画で作った役なんだろうけど、その恋の話がきらい

    切ないというかリアルすぎて
    納得できなくて悲しくなってしまった…
    それで肝心の内容に集中できなくなった
    時をおいてまた読みましょう。
    できたら漫画で

  • 映画のノベライズ。
    ですが映画は未視聴だったり。
    のんびりとしたローカル線の旅のお供でした。

    切なかったり、つらかったりする出来事もあるのだけれど、さらりとした語り口で重さを感じさせない。

    ちょっと読み易過ぎる感はありますが、雰囲気はとても好き。

    映画も見よう。
    矢野顕子さんの歌が聴こえてきそうな読後感。

  • いまいちおもしろくなかった。
    映像になっているのをみたら、もっと違ってきたかも・・・

    映画をみてまた読むとおもしろいのかな?

全26件中 1 - 10件を表示

犬童一心の作品

ツイートする