雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎 (角川文庫―水木しげるコレクション)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041929049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 7割ほどが月刊ポピーに連載されていた作品。この頃は連載がこれ一本だったので仕事が丁寧で、「河童の三平」的なのんびりした鬼太郎だ。アシスタントではなく水木当人が描いたらしく、鬼太郎も雪姫ちゃんもかなり適当ながら(左目ありの鬼太郎とか!)愛嬌がある。ストーリーはいわゆる鬼太郎ものなのでなにがどうということはないのだけれど、画が魅力的な一冊。

    「雪姫ちゃん登場」の毛虫、「ニセ鬼太郎」の酔っぱらった鬼太郎、「大だこ」のタコたちと踊る雪姫ちゃんがとてもかわいい。水木しげるはゆるキャラのデザインをしても結構いけるのではないか(高そうだけれど)。

  • ■雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎 月間少年ポピー昭和55-56
    ・雪姫ちゃん登場
    ・ニセ鬼太郎
    ・宇宙人レストラン
    ・狐つき
    ・ねらわれた雪姫ちゃん
    ・妖怪「いやみ」
    ・鬼妖怪
    ・妖怪実力選手権大会
    ・化けグモ
    ・大ダコ
    ・妖怪傘化け
    ■海坊主 週刊実話昭和53
    ■ムーン大王
    ■ガマ妖怪 週刊少年マガジン昭和6162
    ■カニ妖怪
    ■手長足長
    ■鬼道衆

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

水木しげる

1922年(大正11)、鳥取県境港市生まれ。太平洋戦争中に召集され、ラバウルで左腕を失う。復員後、輪タクの親方、アパート経営、紙芝居作家を経て、貸本向け漫画を描き始め、1957年『ロケットマン』でデビュー。65年『テレビくん』により第6回講談社児童漫画賞、89年『昭和史』により第13回講談社漫画賞受賞。91年、紫綬褒章、2003年、旭日小綬章受章。07年、『のんのんばあとオレ』により、第34回アングレーム国際バンド・デシネ・フェスティバル最優秀コミック賞を受賞。2010年、文化功労者となる。2013年、講談社より「水木しげる漫画大全集」の刊行が開始される。主な著書に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『総員玉砕せよ!』など多数。2015年11月死去。

「2020年 『今昔物語 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

ツイートする
×