神秘家列伝〈其ノ壱〉 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.81
  • (11)
  • (12)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041929087

作品紹介・あらすじ

古今東西、類い希なる異人たちの半生が、巨匠のペンで蘇る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  先生はこの本の中でかういふ企画を興すにあたって、「老けた」的なことを言ってゐるが、ブードゥーの鼻祖マカンダルについてのいろいろでは、ブードゥーの「神話」としてシニカルに捉へてゐたり、けっこうまだまだこのぢぢいは現役。
     その作者の、「幸福観察学」がこの本でも何となく、出てくる。

  • 水木しげる先生が漫画で世界中の著名な神秘家たちを描いてます。
    奇想天外な神秘体験よりも、神秘家そのもののおもしろみが抜群です、先生!
    オモチロイヨ!

  • スピリチャル系?不思議な人々の話。
    マンガという媒体は頭に入りやすいことを再認識。
    ブードゥ教のマカンダルの話は黒人奴隷の虐待描写が恐ろしかった。
    スウェーデンボルグの著作は一度読んでみたい。
    明恵上人は幼いころから早く死にたいと思っていたらしい。
    昨日、堀江貴文氏の「ゼロ」を読んだばかりで、死にたくない人の話の後にそういう人の話を読んだのが不思議。
    どうしてこうも人間って違うんだろうね。

  • 普通の列伝にはない人選に水木先生の特徴がある。

  • 本編内容よりも(と言っては失礼な話だが)、巻末に書かれた水木先生の「神秘家列伝について」の文章がおもしろい。それ以上にその後の荒俣宏氏の寄稿が水木先生への愛に満ちあふれていて(少し怖い位だけれど)おかしい。

  • 水木しげるの神秘家列伝。
    書斎で歴史資料を読みながらマンガのなかで生きる神秘化と対話していく。
    姉妹編の平賀源内やヒトラーの『東西奇ッ怪紳士』、南方熊楠の『猫楠』も注目。

    以下目録とウィキペディアのリンク(各神秘家の紹介)
    1巻 スウェーデンボルグ、ミラレパ、マカンダル、明恵
    2巻 安倍晴明、長南年恵、コナン・ドイル、宮武外骨
    3巻 出口王仁三郎、役小角、井上円了、平田篤胤
    4巻 仙台四郎、天狗小僧寅吉、駿府の安鶴、柳田国男、泉鏡花

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A7%98%E5%AE%B6%E5%88%97%E4%BC%9D

  • スウェーデンボルグ、ミラレパ、マカンダル、明恵について収録。解説荒俣宏。

  • 水木先生好きなんですよ。日本では、ゲゲゲの女房で大ブームだったみたいだけどさ。背景をカリカリ、ガリガリと書き込んで(まあアシスタントが書き込んでるんだろうけどさ)、パンフォーカスで全部にピントが合ってるような画風が好きなんだなぁ。お話も自分の興味のある事や、体験などから書いていて、変な意図ー自分をよりよく見せたいとか賢くみせたいとかのエゴなどからくる意図ーが感じられない所も好きだ。

  • 食い足りないが、まあまあといったところかな。ところどころに挟まる本格タッチの絵には、さすがは水木しげる……デッサン力あるなあ、と改めて感心した。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水木しげる(みずき しげる)
1922年3月8日 - 2015年11月30日
大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。従軍経験で左腕を失いながらも生還。終戦後より紙芝居、貸本漫画などを執筆。1964年に『ガロ』にて商業誌デビュー。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。2010年、文化功労者に選出される。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『劇画ヒットラー』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。

水木しげるの作品

ツイートする
×