墓場鬼太郎 (4) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-10))

著者 : 水木しげる
  • 角川書店 (2006年11月1日発売)
3.64
  • (13)
  • (10)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :139
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041929162

墓場鬼太郎 (4) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-10))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  2006年刊行(初出年不明)。貸本時代の「墓場鬼太郎」復刻版4巻。

     「怪奇一発勝負」「霧の中のジョニー」の2本だが、何れも(特に前者)が怪奇ホラーの怪作となっている。どうしてもアニメではヒーロー然としていた鬼太郎が、本作では異様なほどにおどろおどろしくなっているのが印象的、例えば、前者ラスト近くの「もう少し思いやりがあったら命を落とさずに済んだのに」と言う鬼太郎の怪異の表情(苦笑とも、嘲りともとれる)とカットは、空恐ろしい。

  • 【ストーリー】
    ・鬼太郎の始まりが描かれている
    ・昔の漫画なので,展開がめちゃくちゃ

    【登場人物】
    ・鬼太郎がやんちゃ坊主
    ・しかもワル
    ・ぬりかべ,すなかけばばあ,きなこおやじなど,出てこないキャラクターも多い

  • 霧の中のジョニーの
    エピソードがいちばん好き。

  • 鬼太郎の手が大暴れ!そして霧の中のジョニーとの対決。

  • せりふの改行のバランスがヘン。だがそこがいい

  • 生きているのに生きている気がしない。生きているから生き生きして生きたい。生きているのに地獄にいる感じがするしかし鬼太郎がその人生に歯止めをかけ、明るく生きていけるように幸運をもたらす作品。

  • 「霧の中のジョニー」収録

  • 08/03/

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/5467_7a0c.html" target="_blank">2007年4月22日</A>

全10件中 1 - 10件を表示

墓場鬼太郎 (4) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-10))のその他の作品

水木しげるの作品

墓場鬼太郎 (4) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-10))はこんな本です

ツイートする