私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年3月25日発売)
3.92
  • (16)
  • (24)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 163
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041929285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水木しげるの自伝

  • まさに歴史の証人。
    間引きなんて私の幼少期には考えられなかった。
    それがそんな遠くない頃の現実だったという。

  • 今さらのにわかファンです。これが初めて読む水木しげるの総括的な自伝です。
    おもしろすぎです。

    妖怪が好きなんだろうとは思っていましたが、本当に霊感があって霊体験もけっこうしているとは。

    のんのんばあが魅力的すぎてクラクラしました。

    もっと霊体験が聞きたいし、もっとのんのんばあについて知りたいと思って著書リストを調べたら、いっぱいある!
    嬉しくてさらにクラクラしました。これから少しずつ読んでいきます。

  • 雑誌『怪』の連載を読んでて、単行本も読んで、今回は文庫で。紙芝居を描く仕事が忙しくなってきたときにヒロポン(当時は合法だった覚醒剤)を教えられたが、「眠りたがりのオレが眠くならないのはマズイね。もうやめよう」とやめた話がすごい。

  • 水木さんの人生ダイジェスト。
    想定外に南方への郷愁があるものなんだな。

  • 〈自分は子どもの頃、ゲゲと呼ばれておったんですわ。ゲゲゲの鬼太郎はどうです〉

    水木しげる先生の自伝。もちろんマンガ。

    給料が少なすぎて税務署に疑われたり、ラバウルで左腕なくしたり、しんどかったはずのエピソードがサラッと笑えるように描いてあります。
    すごいなぁ。カッコいい。

    戦場でぬりかべに会い、テレビで妖怪の企画に関わったらスタッフが亡くなられたり。
    仕事が多いのも妖怪のせいなのね。

    軍人物としても、漫画家マンガとしても、面白いです。

  • 水木センセイの自伝漫画。出てくる関係者がゴージャス。昔のアシスタントが、つげ義春や池上遼一だったり。戦記モノのアドバイスを求めに、ゼロ戦撃墜王坂井三郎氏に話を聞きに行ったりと。「ねぼけ人生」を漫画にしたような感じ。両方読むのがいいね。

  • 自伝マンガ。
    のんのんばあの薫陶を受けて「感度」の鋭い子供に育ち、
    成長して徴兵され、出兵。
    復員してマンガ家となり、苦労の末、大成功を収めるまで。
    京極夏彦氏のコラージュという、
    水木キャラ大集合のカバー画も素敵♪

  • 2011/11/09

  • 「発見!角川文庫2011」で発見したので購入、即読了。漫画で描かれた水木しげるさんのこれまで。生まれた頃のことから書かれているので水木さんを知るのにいい本です。
    水木さん、実際、様々なところで妖怪たちに囲まれ、ある意味勇気付けられて生きてきたんだなと納得。
    ちなみに夏の文庫のフェアで手に入れたハッケンくんのストラップはスイカでした。ちょっと嬉しい。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名、武良茂。1922年(大正11年)生まれ。鳥取県西伯郡境町(現・境港市)で育つ。幼い頃から物語をつくる力に優れ、また天才的な画力を発揮。高等小学校在学中に個展を開き、新聞に絶賛される。しかし学業のほうは芳しくなく、一旦は上級学校への進学を断念するが画家になる夢は諦めず、仕事の傍ら塾や独習で画力を磨く。
やがて太平洋戦争の召集により、南方の激戦地に送られマラリヤと爆撃で左腕を失うが、九死に一生を得て帰還する。
戦後は様々な職業を経て、紙芝居作者、貸本漫画家となり、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で講談社児童漫画賞(現・講談社漫画賞少年部門)を受賞。その後『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』とヒット作を続けて発表、日本を代表する国民的漫画家となる。
近年、夫人との暮らしぶりがNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で描かれ、爆発的なブームを巻き起こした。
紫綬褒章、旭日小受章、文化功労者の栄を得て、世界各国の漫画賞も受賞し、漫画史に名を刻む存在となった。
2015年11月30日、逝去。享年93。

「2018年 『ゲゲゲの鬼太郎(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)のその他の作品

水木しげるの作品

私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする