やんごとなき姫君たちの秘め事 (角川文庫)

著者 : 桐生操
制作 : 宇野 亜喜良 
  • 角川書店 (1997年8月26日発売)
3.17
  • (6)
  • (10)
  • (55)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041938072

やんごとなき姫君たちの秘め事 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 週刊誌読むようなかるーい気持ちでぱらぱらにやにや読めるかるーい本。どのくらいおもしろかったか覚えていないけれど、読書記録によるとすぐに同シリーズを読んでいるからたぶん当時気に入ったんだろうな…。

  • タイトル通り、王侯貴族の方々のアレな話題満載。
    しかしフランス貴族はこの手のエピソードの玉手箱やで~。

    週刊誌の1コラムくらいが延々続くので
    お暇な時いいんじゃないかしらー。

    サンドについての章もあってショパンのちはサンドの恋愛遍歴も
    終わりを告げたらしいとあって、えーっ?

    と思ったけど。
    そのへんも週刊誌的か。

    カーマスートラの女性がセックスへの欲望を抱いてるかが次のしぐさでわかる、
    てやつで

    そわそわして声をふるわせる、はいいとして
    男のモノをまさぐりながらそっと抱きついてきて息を荒くする、
    とか
    男の股間に顔を埋めて休む、とか

    それもう始まってないか???

    サルトル先生の素敵ぶりが!
    一度愛したその女たちに望むものをなんでも惜しみなく与えた。
    それが女優なら彼女の為に戯曲を、タイピストなら自分の小説をタイプさせる。
    だから関係が切れて何年経っても女たちは彼を「よいお友達」と呼ぶ・・・。

    サルトル先生ー!浮気者の鑑だね(笑)

  • 読み物にしては面白くない。
    史実にしてはフィクションすぎる。
    何で買ったかって?

    桐生夏生と間違えてさ(笑)

    ただ、オーストリアのマリアテレジアとかプロシアとか出てきて、きゅぅぅぅんとなったわ。ヘタファン的に(笑)

  • エロスに身分もへったくれもないと思っていたが(笑)、
    いや、やんごとなき方々は、それはそれで、
    色々と苦労もあったんだろうな〜。
    シモ系の話は万国万人の興味をそそる。

  • いいとおもう

  • お姫様たちの性生活。

  • 5シリーズのうちの1冊。
    他の2冊を読んだ時点で「もういいかな」と思いますが、一通り読みました。
    今も昔も恋愛とか不倫とかあんまり変らないんじゃないかな・・・ただ国が違うので。
    このシリーズの日本版とか出て欲しいです。

  • 寝室と饗宴を読んでおけば読む必要ないです。

  • 時代変われどエロはエロ。
    SMもBYもむかーーしからあったんね。
    そして古代のテクニックがスゴソウ…。

全12件中 1 - 10件を表示

やんごとなき姫君たちの秘め事 (角川文庫)のその他の作品

桐生操の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

やんごとなき姫君たちの秘め事 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする