やんごとなき姫君たちの不倫 (角川文庫)

著者 :
制作 : 朝倉 めぐみ 
  • 角川グループパブリッシング
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041938133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モンパシエ公女の最期に衝撃でした。
    France文学 Angelique を完全版で読んでいて美貌と想像していたので。

  • 奔放な中世の女性達。大抵最期はサクッと処刑されちゃいます。ドロドロしてて面白い!

  • 結婚の次は不倫。

  • 軽く読む程度には楽しいかと思います。
    ただ、予測と噂と事実がちょっとごっちゃになっていて、誰も知らないというくだりで「彼女は〜をしたのだ」と断定口調になっていたりしました。なので、何回か繰り返して読まないと事実なのかどうか、ちょっと理解しにくいところがあったのが残念。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

パリ大学(ソルボンヌ大学)、リヨン大学にてフランス文学・歴史を専攻。帰国後、執筆活動を行う。人物評伝や歴史の知られざるエピソードを様々な形で紹介している。その作品には拷問や悪女を取り扱うものが多い。主な著作に『本当は恐ろしいグリム童話』『やんごとなき姫君』がある。『本当は恐ろしいグリム童話』はミリオンセラーとなった。

「2016年 『新釈・皇妃エリザベートとふたりの男たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やんごとなき姫君たちの不倫 (角川文庫)のその他の作品

桐生操の作品

ツイートする