幽霊屋敷 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041949016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 比較的残虐描写が少なめで雰囲気で読ませてくれた。
    幽霊とタイトルでついてるが怪談的ではなく怪物がしっかり登場。
    そして、クトゥルー物。

    楽しめました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年、福岡県に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。77年、「透明人間の定理 リラダンについて」で幻影城新人賞評論部門に佳作入選。85年、『肉の儀式』(ミリオン出版)で小説家デビュー。以降、ホラー、ハード・ヴァイオレンスを中心に活躍。映画評論家、コラムニスト、翻訳家、ダイバーとしても知られる。主な著書に小説『邪し魔』(河出書房新社)、『狂鬼降臨』(出版芸術社)、映画評論『世界ファンタスティック映画狂時代』(洋泉社)などがある。また、『人獣裁判』『凌辱の魔界』『髑髏町綺譚』(アドレナライズ)など、多数の作品が電子書籍化されている。現在、バリ島に在住で、トーキングヘッズ叢書(TH Seires)に映画エッセイ「バリは映画の宝島」を連載中。

「2017年 『蔵の中の鬼女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

友成純一の作品

ツイートする
×